月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福島大の川本和久監督が死去 64歳 女子短距離で5人の日本記録樹立者を育成


女子短距離で多くの選手を育成した福島大教授、同大陸上競技部監督の川本和久氏が11日、膵臓がんのため福島市内の病院で亡くなった。64歳。

川本氏は1957年佐賀県生まれ、佐賀・伊万里高から筑波大に進み、400m、4×400mリレーで活躍。400mのベストは47秒5で、4×400mリレーでは大学2年から関東、日本両インカレで3連覇を果たした。筑波大大学院修了後、小学校の講師などを経て、1984年から福島大教育学部の助手に就任。同時に福島大陸上部の監督として後進の育成にあたった。

91年に文部省の在外研究員としてカナダ、米国に留学。男子100mや走幅跳で活躍したカール・ルイスを指導したトム・テレツ氏の理論を学び、帰国後の95年に指導していた雉子波秀子が200mで日本記録を樹立。その後、100mでも日本記録を更新した。

日本陸連強化委員会の女子短距離部長として、01年、03年世界選手権の日本代表コーチも歴任したほか、400mハードルの吉田真希子、久保倉里美、走幅跳の池田久美子、400mの丹野麻美など日本記録樹立者を指導。08年の北京五輪4×400mリレーでは教え子の久保倉、丹野、木田真有、青木沙弥佳の4人でバトンをつないだ。11年からは東邦銀行陸上部の監督も務めていた。

また、小学生向けの指導書なども多く執筆。「ポンピュン走法」など、わかりやすい指導法でテレビなどのメディアにも多数出演していた。

5月16日(月)午前10時から午後0時の日程で福島市の「たまのや こころ斎苑 黒岩葬儀場」にてお別れの会が開かれるほか、15日(日)の午後1時から3時に弔問の場が設けられるという。

●お別れの会
■日時
5月16日(月) 10:00~12:00
■式場
たまのや こころ斎苑 黒岩葬儀場
■住所
〒960-8153 福島県福島市黒岩字堂ノ後35
■電話
0120-453-311

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com