月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

びわ湖マラソンを23年3月に実施 びわ湖毎日マラソンの後継大会


昨年に滋賀県での開催が終了し、今年3月には「大阪マラソン」と統合されて行われた「びわ湖毎日マラソン」の後継となるマラソン大会が、来年3月12日に開催されることが決まった。

滋賀県では昨年から「びわ湖毎日マラソン」のレガシーを受け継ぐ新しい市民マラソン大会の実施を検討しており、コースの選定や開催時期などを模索。今年1月には大会の新名称をアンケートで応募し、候補の中から「びわ湖マラソン」が選ばれた。

4月に大会実行委員会が設置され、開催日とコースを決定。皇子山陸上競技場をスタートし、近江大橋を経て、琵琶湖東岸を北上。守山市を折り返し、草津市の烏丸半島にある琵琶湖博物館にフィニッシュする42.195kmのコースで行われることとなった。現在、滋賀陸協などが道路状況などを調査しており、今後、日本陸連に公認申請を行うという。

実行委員会によると、今年7月下旬からにホームページ上で参加者を募るという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com