月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

上海、深圳で開催予定のダイヤモンドリーグが中止 アジア大会、ユニバの延期に続きコロナ禍の影響続く

世界陸連は6日、7月30日上海で、8月6日に深圳で開催を予定していたダイヤモンドリーグの2試合を中止にすると発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で、中国当局が厳しい入国制限を設けていることを中止の理由に挙げている。

中国では6月から7月にかけて成都で開催予定だったワールドユニバーシティゲームズ、9月の杭州アジア大会の延期が決定したばかり。上海では都市封鎖が続き、首都の北京でも感染が広まっており、中国で開催予定の競技会に大きな影響を与えている。

一方で、8月6日にポーランド・シレジアで開催される「スコリモフスカ記念」をコンチネンタルツアーゴールドラベルからダイヤモンドリーグに昇格させて実施することも発表。5月13日から始まる今季のダイヤモンドリーグは全13試合で行われることになる。

■2022年ダイヤモンドリーグ日程
5月13日  ドーハ(カタール)
5月21日  バーミンガム(英国)
5月28日  ユージーン(米国)
6月 5日  ラバト(モロッコ)
6月 9日  ローマ(イタリア)
6月16日  オスロ(ノルウェー)
6月18日  パリ(フランス)
6月30日  ストックホルム(スウェーデン)
8月 6日  シレジア(ポーランド)
8月10日  モナコ
8月26日  ローザンヌ(スイス)
9月 2日  ブリュッセル(ベルギー)
9月7~8日 チューリッヒ(スイス)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com