月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

不破聖衣来が日本選手権10000mを欠場 右アキレス腱周囲炎「将来のことを考えて」判断


女子10000mで日本歴代2位の30分45秒21を持つ不破聖衣来(拓大)が、今日行われる日本選手権10000mを欠場すると、チームのSNSを通じて五十嵐利治監督が発表した。

今年に入ってから右アキレス腱の周囲炎によって「思うような練習ができていなかった」とし、4月の日本学生個人選手権5000mで復帰したものの3分30秒ペースで走って17分30秒47を要した。レース後は今年に入って3ヵ月走れなかったことを明かしている。

オレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している不破。3位以内で代表に内定する日本選手権に向けて「1%の可能性に対して100%の努力をする姿を間近で見ていて、4月の段階で諦めようとは言えなかった」と五十嵐監督はつづっている。

そのなかで、「将来のことを考えて」欠場する判断に至った。「痛みなくスタートラインに立たせてあげられなかったことに、監督として無力感を感じております」と五十嵐監督。今後については「すでに動き出している」といい、「一度身体をリセットさせて、またみなさんに感動を与えられるような走りをお見せできるように努力してまいります」と結んでいる。

日本選手権10000mは今日5月7日、東京・国立競技場で行われ、女子10000mは19時44分にスタート。不破のほかに、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、五島莉乃(資生堂)、小林成美(名城大)の3選手がオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com