月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

七種競技はケガから復帰のヘンプヒル恵が初日トップ!「アジア大会は最低目標」十種競技は丸山優真が首位で折り返す/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念、男子十種競技、女子七種競技の初日が行われた。

初日を終え、七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)が3397点をマークしてトップ。100mハードルは13秒76(-0.6)と自己記録(13秒37)からは遠く悔しがったが、走高跳ではセカンドベストの1m72をクリアした。200mでも強い向かい風(-1.5m)の中で25秒10と「悪くない」と振り返る。

主要大会での七種競技は2020年9月の日本選手権以来。そのときのやり投で右膝を痛めた。17年に左膝を痛めているため2度目の手術となり、一度は競技引退もよぎったという。それでも競技に復帰すると、昨年10月の記録会で5578点をマーク。その後は「世界で戦いたい」と、自らツテをたどって本場・米国へ渡り、七種競技コーチのクリス・マック氏に師事した。

「新しいチャレンジの中では悪くなかった」とヘンプヒル。今季は「アジア大会優勝と6000点は最低目標」で、まずはアジア大会代表を勝ち取るために2日目で「最低5800点台に乗せたい」と意気込みを語った。

日本記録5975点を持つ山崎有紀(スズキ)は3295点の2位で折り返し。「公式練習ではよかったのにパフォーマンスを発揮できなかった」と1種目めの100mハードル(14秒26/+1.0)と続く走高跳(1m63)の失敗を悔やむ。その後は「切り替えて楽しもう」と砲丸投、200mと持ち味を発揮。「明日も守りに入らずに、記録を気にせず迫力のあるパフォーマンスをしたい」と話した。

◇十種競技は丸山優真がトップ

男子十種競技の初日終了時点は丸山優真(住友電工)が4071点のトップ。400mで自己ベストとなる48秒96をマークするなど「磨いてきたスプリントが発揮できた」と笑顔を見せた。2019年に胸椎ヘルニアを患い、長い期間戦列を離れた丸山。その後もなかなか満足な状態で出場できなかったが、「やっとケガなくトレーニングができているのでそれが一番」と笑顔を見せる。2日目に向けて「しっかりアジア大会代表をつかみ取りたい」と語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com