月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳は五輪代表の山本聖途が5m60で制す「助走で浮いてしまった」大記録へは自信みなぎる/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の初日。男子棒高跳は東京五輪代表の山本聖途(トヨタ自動車)が5m60で優勝した。

山本は5m30から試技をスタート。これを1回でクリアすると、5m50を2回目、5m60を1回で成功させて優勝を決めた。続く5m70はクリアならず、「ワールドランキングを考えると5m70を跳んで優勝したかったですが、最低限優勝はできたので」と振り返る。

試技数だけを見れば「内容は良かった」が、「跳躍はあまり」と納得のいく試技はできず。「助走が浮いてしまう感じがあって、踏み切りからスウィングのところで入りこめなかった」と反省する。フランスにいた2月頃から、練習の変化や高負荷の影響により右足底を痛め、「ずっと我慢しながら」の状態。木南記念に向けても2週間ほど練習ができなかったともいう。その中でも、今季は複数跳んでいる5m70を「いつでも跳べる自信がある」と好調を維持できているのは自力が上がった証明だ。

次の高さに向けて「パワーも上がっていて、あとは課題の入り込む動きができれば。ずっと苦手なので」と修正部分は明確。「あとは気分が乗れば、5m80、90は跳べる自信がある」とみなぎらせている。次戦は5月3日の静岡国際。その後、水戸招待、セイコーゴールデングランプリと連戦で、オレゴン世界選手権の参加標準記録5m80をまずは狙いにいく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com