HOME ニュース、国内

2022.04.30

棒高跳は五輪代表の山本聖途が5m60で制す「助走で浮いてしまった」大記録へは自信みなぎる/木南記念
棒高跳は五輪代表の山本聖途が5m60で制す「助走で浮いてしまった」大記録へは自信みなぎる/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の初日。男子棒高跳は東京五輪代表の山本聖途(トヨタ自動車)が5m60で優勝した。

山本は5m30から試技をスタート。これを1回でクリアすると、5m50を2回目、5m60を1回で成功させて優勝を決めた。続く5m70はクリアならず、「ワールドランキングを考えると5m70を跳んで優勝したかったですが、最低限優勝はできたので」と振り返る。

試技数だけを見れば「内容は良かった」が、「跳躍はあまり」と納得のいく試技はできず。「助走が浮いてしまう感じがあって、踏み切りからスウィングのところで入りこめなかった」と反省する。フランスにいた2月頃から、練習の変化や高負荷の影響により右足底を痛め、「ずっと我慢しながら」の状態。木南記念に向けても2週間ほど練習ができなかったともいう。その中でも、今季は複数跳んでいる5m70を「いつでも跳べる自信がある」と好調を維持できているのは自力が上がった証明だ。

次の高さに向けて「パワーも上がっていて、あとは課題の入り込む動きができれば。ずっと苦手なので」と修正部分は明確。「あとは気分が乗れば、5m80、90は跳べる自信がある」とみなぎらせている。次戦は5月3日の静岡国際。その後、水戸招待、セイコーゴールデングランプリと連戦で、オレゴン世界選手権の参加標準記録5m80をまずは狙いにいく。

◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目 日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の初日。男子棒高跳は東京五輪代表の山本聖途(トヨタ自動車)が5m60で優勝した。 山本は5m30から試技をスタート。これを1回でクリアすると、5m50を2回目、5m60を1回で成功させて優勝を決めた。続く5m70はクリアならず、「ワールドランキングを考えると5m70を跳んで優勝したかったですが、最低限優勝はできたので」と振り返る。 試技数だけを見れば「内容は良かった」が、「跳躍はあまり」と納得のいく試技はできず。「助走が浮いてしまう感じがあって、踏み切りからスウィングのところで入りこめなかった」と反省する。フランスにいた2月頃から、練習の変化や高負荷の影響により右足底を痛め、「ずっと我慢しながら」の状態。木南記念に向けても2週間ほど練習ができなかったともいう。その中でも、今季は複数跳んでいる5m70を「いつでも跳べる自信がある」と好調を維持できているのは自力が上がった証明だ。 次の高さに向けて「パワーも上がっていて、あとは課題の入り込む動きができれば。ずっと苦手なので」と修正部分は明確。「あとは気分が乗れば、5m80、90は跳べる自信がある」とみなぎらせている。次戦は5月3日の静岡国際。その後、水戸招待、セイコーゴールデングランプリと連戦で、オレゴン世界選手権の参加標準記録5m80をまずは狙いにいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top