月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「国立を陸上の聖地に」東京選手権が開催!国立競技場の「五輪後初の陸上大会」

◇第85回東京選手権(4月30日~5月2日/国立競技場)

第85回東京選手権が、昨年の東京五輪のメインスタジアム「国立競技場」で幕を開けた。これが五輪後に初めて国立で行われる陸上大会で、参加標準記録を突破した高校生や大学生、シニアの選手たちが、各種目で熱戦を繰り広げる。また、「東京ライジングスター陸上2022」の中学の部も併催され、標準記録を突破した都内の中学生たちも1年前に五輪が行われたスタジアムで競技をする。

大会を主催する東京陸上競技協会の増田明美会長は、「東京オリンピック・パラリンピックの躍動感がまだ記憶に残っているうちに、こうして陸上の大会を開けたことをうれしく思います」と話し、「陸上にとってのレガシーとしても、この大会をきっかけにつながっていってほしい」と続ける。特に、高校生やライジングスター陸上に参加した中学生たちに向けて、「東京の子供たちにとっては国立で走れることで、夢が近くなる。ここを夢への第一歩にしてほしい」と激励の言葉を送った。

また、東京陸上競技協会の平塚和則理事長は、「国立で開催できたのは喜ばしい限りです。さまざまな方のご協力があったお陰」と感謝の言葉を述べる。そして、「国立を以前のように『陸上の聖地』にするために、その大きなきっかけになればと思う」と大会の意義を強調した。中学生からは「あこがれの競技場で走れてうれしい」という声も聞かれ、五輪の熱狂が陸上にも引き継がれていく。

大会は3日間の日程で実施。会場で観戦できるのは事前申請者のみだが、競技の様子はオンライン上でライブ配信されている。

詳細は公式サイトへ

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com