月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

五輪女子短距離3冠のトンプソン・ヘラーがローレウス世界スポーツ最優秀選手賞受賞 過去にボルト氏も


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

4月24日、ローレウス世界スポーツ最優秀賞の授賞式が行われ、女子短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が2022年の最優秀女子選手に選ばれたことが世界陸連(WA)から発表された。

トンプソン・ヘラーは昨年の東京五輪で女子100m、200m、4×100mリレーでの3冠を達成。100m10秒54、200m21秒53といずれも世界歴代2位の記録をマークし、WAの年間最優秀選手にも選ばれている。

過去にウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)がローレウス世界スポーツ最優秀賞を受賞していることについて、トンプソン・ヘラーは「このトロフィーをカリブ海の、それもジャマイカに持ち帰ることはとてもに特別なことです」とコメントした。

米国の元男子短距離選手で陸上競技界の伝説的存在であり、現在ローレウス・アカデミー会員を務めるマイケル・ジョンソン氏は「彼女は昨年陸上界を席巻した選手。100m、200mのチャンピオンになることは非常に難しい。特に100mの世界記録は最も古く傑出した記録であり、長年誰も迫ることができていなかったが、彼女はこの記録を脅かした」と評した。

ローレウス世界スポーツ賞はその年に最も活躍した選手や団体の偉業を称えるもので、スポーツ界のアカデミー賞にもたとえられる。ノミネートされた選手の中から、ローレウス・スポーツ・アカデミー会員が投票で受賞者を決定した。

陸上界からはトンプソン・ヘラーのほか女子短距離のA.フェリックス(米国)、男子マラソンのE.キプチョゲ(ケニア)がノミネートされていた。最優秀男子選手はF1のマックス・フェルスタッペン(オランダ)が選ばれた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com