月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪銀の池田向希 1時間18分53秒で20kmを制し世界選手権代表内定/日本選手権35km競歩


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

第106回日本選手権35km競歩・第61回全日本競歩輪島大会は4月17日、石川県輪島市の道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コースで行われ、男子の20km特別レースは、昨年の東京五輪銀メダリスト・池田向希(旭化成)が1時間18分53秒で制してオレゴン世界選手権代表に内定した。

レースは池田の他、2月の日本選手権20km競歩を制して世界選手権代表に内定している高橋英輝(富士通)、3月の世界チーム競歩選手権代表・諏方元郁(愛知製鋼)の3名が出場。序盤で諏方が離れ、池田の派遣設定記録(1時間20分00秒)突破に焦点が集まった。

序盤から1km4分を切るペースで進み、5kmを19分34秒、10km39分07秒で通過。13kmあたりで池田は高橋との差を広げていった。15kmは58分38秒で、高橋に15秒のリード。終盤はややペースが落ちたが、悠々と派遣設定記録を突破した。

池田は「派遣設定記録を破る最低限のレースはできた。3月の世界競歩チーム選手権(2位)に出た後はオレゴンを見据えたトレーニングをしている。7月に照準を合わせていきたい」と話した。

■男子20km特別レース成績
池田 向希(旭化成) 1.18.53 
高橋 英輝(富士通) 1.19.16 
諏方 元郁(愛知製鋼) 1.23.46 

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com