月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪リレー補欠柳田大輝 東洋大入学式出席 目標は日本代表「鉄紺の名に恥じない成績を」


昨年の東京五輪で、高校生ながら男子4×100mリレーで代表補欠だった柳田大輝(東洋大/群馬・東農大二高出身)が4月6日、東京・日本武道館で行われた大学の入学式に出席した。

高校時代は日本選手権100mで2020年、21年と2年連続で7位。東京五輪イヤーだった昨年は、優勝した多田修平(住友電工)や日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)らほぼ勢ぞろいした国内トップ選手と決勝を戦った。

リレー補欠に選ばれた五輪は出走機会こそなかったものの、チームに帯同。また、五輪の直前には福井インターハイ100mに出場し、高校タイトルを獲得している。自己ベストは100m10秒22(高校歴代2位タイ、21年)、走幅跳7m51(20年)

大学を通じ、「伝統ある鉄紺の名に恥じぬような、成績を残せるよう日々精進していきます」とコメント。五輪や世界選手権の日本代表を目指す意気込みを見せている。

柳田は4月15日~17日に行われる日本学生個人選手権(神奈川・レモンガススタジアム平塚)の100mにエントリーしている。

柳田のコメント全文
「4月より、18年間過ごした地元群馬を離れ、東洋大学に進学しました。世界の舞台を見据え、常に質の高い練習に打ち込める環境が東洋大学にはあると感じています。五輪、世界選手権などの大会で日本代表として戦えるような選手になりたいと思っています。伝統ある鉄紺の名に恥じぬような、成績を残せるよう日々精進していきます。新たな環境で4年間、陸上競技や勉学ともに打ち込めることを非常に楽しみにしています。これからも応援よろしくお願いいたします」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com