月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

千葉真子さんがルートインホテルズのアドバイザーに就任「新たな夢を見つけました」

ルートインホテルズ女子陸上競技部は、1996年アトランタ五輪代表の千葉真子さんが4月1日付でアドバイザーに就任したと発表した。

千葉さんは京都・立命館宇治高校から旭化成へ。1996年アトランタ五輪10000mで5位入賞、翌年にはアテネ世界選手権10000mでは銅メダルを獲得した。その後はマラソンに転向し、2003年パリ世界選手権で銅メダル獲得。トラック・マラソンの2つでメダルを手にした。引退後はゲストランナーや解説として活躍するかたわら、ランニングクラブなどで指導・普及を行ってきた。

千葉さんは「選手として15年、 解説者として15年、 そして…また新たな夢を見つけました! 陸上人生の集大成として、 選手の育成という分野に挑戦してみようと、 ワクワク冒険に出掛けるような気持ちでサードキャリアを走り出します!!」とコメントしている。

ルートインホテルズ女子陸上競技部は2013年に創部。15年に全日本実業団対抗女子駅伝に初出場し、18年には14位に。現在、4年連続出場中で昨年は17位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com