月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

金栗記念に相澤晃、三浦龍司、田中希実ら五輪代表参戦、田澤が5000mに登録 注目ルーキー佐藤圭汰も


2022日本グランプリシリーズの開幕戦となる第30回金栗記念選抜陸上中長距離大会(4月9日/えがお健康スタジアム)のスタートリストが発表され、オレゴン世界選手権出場を目指して国内トップ選手が多数名を連ねた

男子10000mには東京五輪代表の相澤晃(旭化成)、伊藤達彦(Honda)らがエントリー。ともに元日の全日本実業団対抗駅伝以来の実戦の場となりそうだ。

男子5000mには10000mでオレゴン世界選手権参加標準記録を突破済みの田澤廉(駒大)や、東京五輪同種目代表の松枝博輝、坂東悠汰の富士通コンビらがエントリーした。

田澤は2区で区間賞に輝いた箱根駅伝以来のレースになる見込みで、トラックも日本歴代2位の27分23秒44をマークし、オレゴン世界選手権標準記録の27分28秒00を突破した昨年12月4日の日体大長距離競技会以来。シニアになって初の世界大会出場を目指すシーズンで弾みをつけられるか。

男子1500mには東京五輪3000m障害7位の三浦龍司(順大)が登録。新旧日本記録保持者の河村一輝(トーエネック)と荒井七海(Honda)に加え、男子5000mの日本選手権王者・遠藤日向(住友電工)、京都・洛南高から駒大に進んだ大型ルーキー・佐藤圭汰も名を連ねた。

東京五輪8位の田中希実は1500mと5000mの2種目にエントリー。トレーニングの一環として両種目に出場する可能性もある。このほか箱根駅伝優勝の青学大勢など学生トップランナーも多数エントリーした。

スタートリスト、タイムテーブルなどは大会公式サイトへ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com