月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

安藤友香 「優勝が目標。力を出し切りたい」 19年世界選手権金のチェプンゲティチが軸/名古屋ウィメンズマラソン


オレゴン世界選手権や杭州アジア大会の代表選考会を兼ね、パリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を懸けた名古屋ウィメンズマラソン2022は3月13日、バンテリンドームナゴヤを発着点に開催される。3月11日には名古屋市内で記者会見が行われ、出場選手が意気込みを語った。会見で語った有力選手の抱負とともに大会を展望する。

2年ぶりの海外招待選手の中で注目は、2019年ドーハ世界選手権の覇者で、世界歴代4位の2時間17分08秒に自己記録を持つR.チェプンゲティチ(ケニア)と、20年東京マラソンを2時間17分45秒(世界歴代8位)で制したL.チェムタイ・サルペーター(イスラエル)。おそらく、この2人が中心となってレースが展開されるだろう。チェプンゲティチ、サルペーターともに記者会見で「ベストな走りをしたい」と意気込んだ。

その2人の争いに入っていく日本人選手は、「優勝をすることを目標にがんばりたい」と力を込めた招待選手の安藤友香(ワコール)だろう。

自己記録は17年のこの大会でマークした2時間21分36秒(日本歴代7位)で、初マラソンの日本最高記録。同年のロンドン世界選手権に出場した。東京五輪はマラソン代表を逃したが、昨年5月の日本選手権10000mで31分18秒18の自己新で2位に入り代表に選ばれた。

今年に入って、1月の全国都道府県対抗女子駅伝でアンカーとして京都の優勝に貢献。2月13日の全日本実業団ハーフでは1時間8分13秒の自己ベストを出している。5年ぶりとなる世界選手権代表を目指し、「力を出し切りたい」と話していた。

その他の招待選手では、1月末の大阪国際女子で2時間25分35秒の自己新で7位に入った川内理江(大塚製薬)が1ヵ月半のインターバルで出場。「自己ベストを更新したい」と話していた。

また、18年アジア大会代表の田中華絵(第一生命グループ)や前回4位の和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)、前々回8位の細田あい(エディオン)らが2時間26分台の記録を持つランナーが出場する。

田中は「MGC出場権を獲得したい」、和久は「MGCの出場権を必ず取るためにこのレースを選んだ」と語り、細田は「積極的なレースをしたい」と意気込みを口にした。

この他、一般参加では2時間23分52秒の自己記録を持つ岩出玲亜(千葉陸協)がエントリー。初マラソンでは2021年全日本実業団対抗女子駅伝の優勝メンバ-・大西ひかり(日本郵政グループ)や、昨年の日本インカレ10000m女王で学生駅伝でも実績のある鈴木優花(大東大)が出場する。

9時10分スタート。名古屋市の13日の予想最高気温は22度で、終盤は暑さとの戦いにもなりそうだ。優勝賞金は25万ドル。

●オレゴン世界選手権派遣設定記録
2時間23分18秒
●MGC出場条件
・日本人1~3位で2時間28分00秒以内
・同4~6位で2時間27分00秒以内
・順位に関係なく2時間24分00秒以内
・「第1期」の2レースの平均で2時間28分00秒以内

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com