月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

セイコーゴールデングランプリの実施種目が発表!男子100m、110mHなど15種目、男子3000mSCはアジア大会選考指定種目に

5月8日に東京・国立競技場で開催されるセイコーゴールデングランプリ陸上2022東京の実施種目が発表され、男子は100m、110mハードル、3000m障害、走幅跳など9種目、女子は1500m、100mハードルなど5種目が組み込まれた。

今大会は、世界陸連コンチネンタルツアー最上位の「ゴールド」ラベルとして行われる。2年ぶり開催で、前回は女子1500mで田中希実(豊田自動織機TC)が当時日本記録の4分05秒27をマークした。また、昨年の東京五輪で3つの世界新記録をはじめ好記録をいくつも生み出した高速トラックで、海外選手も参加となればハイレベルなパフォーマンスが見られそうだ。日本勢にとっては、ワールドランキングで世界選手権出場を狙う上でも重要な大会となる。

また、男子3000m障害はアジア大会(中国・杭州/9月16日~22日)の選考指定種目に設定されている。

●セイコーゴールデングランプリ実施種目
【男子】9種目
100m、400m、800m、110mH、400mH、3000m障害、走高跳、走幅跳、やり投
【女子】5種目
200m、1500m、100mH、走幅跳、やり投

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com