月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「セカンドキャリアも私らしく」日本記録保持者の福島千里さんがスポーツマネジメント会社と契約


現役を引退した女子100m、200mの日本記録保持者・福島千里さん(セイコースマイルアンバサダー)が、「株式会社SARCLE」とマネジメント契約したと自身のSNSおよび同社HPにおいて発表した。

福島さんは100m11秒21、200m22秒88の日本記録を持ち、オリンピックには08年北京から16年リオまで3大会連続で出場。同社は内田篤人さん(元日本代表)や小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)、大迫勇也(ヴィッセル神戸)、乾貴士(セレッソ大阪)、酒井宏樹(浦和レッズ)といったサッカー選手のマネジメントを担っている。福島さんは内田さんと2014年頃から交流があり、引退の際にも相談していた縁もあり、マネジメント契約に至った。

所属先のセイコーのスマイルアンバサダーを務めている福島さんは今後の活動について、「23年間の陸上競技生活で得た経験を活かし、日本全国への陸上競技の普及、世界のトップで戦える選手の育成、強化活動に加え、メディアを通じて陸上競技の素晴らしさを伝えられるようチャレンジ」していきたいとしている。

以下、福島のコメント(自身のSNSより)
「この度、株式会社SARCLEとマネジメント契約をさせていただくことになりました。
SARCLEさんには、2014年頃にリハビリ施設で出会いアスリート仲間として交流させて頂いてました内田篤人さんが所属されており、今回引退を決意する際に内田さんに相談をさせて頂いた縁でお世話になることになりました。
10歳から23年間走り続けた競技生活を終え、これからの新たな人生はワクワクとドキドキでいっぱいですが、陸上競技生活で得た経験を活かして活動していきたいと思います。
日本全国への陸上競技の普及活動、私の日本記録を超え世界のトップで戦える選手の育成、強化はもちろんのこと、今までの陸上競技生活で培ったものを活かしてメディアを含め色々なことにチャレンジして自分自身の幅を広げると共に、陸上競技の素晴らしさを多くの方に伝えれるように頑張っていきますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。これから始まるセカンドキャリアも私らしく走っていきたいと思います」

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com