月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大が総合力示す 連続区間賞や1年生の好走と随所に勝負強さ/大学対校男女混合駅伝


◇第2回全国招待大学対校男女混合駅伝(2月20日/大阪・長居公園内特設コース6区間20km)

前回、初代チャンピオンに輝いた順大が中大とのアンカー勝負を制し、1時間1分19秒で、2連覇を飾った。

順大は、箱根駅伝総合2位のメンバーから2人を起用した他、女子区間でも勝負強さを発揮。前回に続いて、総合力の高さを見せた。

1区(男子3km)は、箱根駅伝4区区間2位の石井一希。区間賞の東海大・飯澤千翔から6秒差の5位と上々の滑り出しを見せた。2区(女子2km)の小野汐音は、1.1km付近でトップに浮上。区間賞の快走でチームの勢いを加速させた。

さらに3区(男子5km)では、前回区間賞の伊豫田達弥が再び快走。今年の箱根駅伝3区区間3位と実績のある3年生は、今回も区間賞を獲得する走りで、2位の中大に対して25秒のリードを奪った。

4区(女子3km)の二川彩香と5区(男子2km)の服部壮馬は中大に追い上げられたが先頭をキープ。タスキは6区(女子5km)の小暮真緒に渡った。

小暮は1年生ながら、全日本大学女子駅伝では3区区間6位、全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)では1区5位と安定した実績を残している。2秒後に中継所を飛び出した中大・風間歩佳に400m付近で追いつかれて並走状態となったが、冷静だった。

「風もあって、相手の選手もペースが落ちた」と、ラスト600mを切ったところでスパート。そのまま突き放して、歓喜のフィニッシュとなった。

ラスト勝負で敗れた中大は11秒差の2位。区間賞こそなかったが、3区の中野翔太が区間2位と好走するなど、各区間で安定した走りを見せた。関西勢最上位となったのは3位の関大。3区の亀田仁一路が区間3位、6区の柳谷日菜が区間2位と男女ともに長距離区間で強さを発揮した。

■順大の優勝コメント
1区 石井一希
「高校以来の1区という中で少し緊張していた部分はありました。最低限の秒差でつなげたというのは良かったです」
2区 小野汐音
「優勝は狙っていました。自分の調子はそんなに悪くはなかったので、行けるところまで行こうとがんばりました」
3区 伊豫田達弥
「優勝を狙って臨みました。新たに目標を掲げて、チームとして動き出している中で、駅伝で優勝することができたのが、少しでも追い風になれば良いかなと思っています」
4区 二川彩香
「1位でタスキを持ってきてくれて、緊張していた部分がありました。最後の向かい風で風に煽られてしまって、前に進まない走りになってしましたのが反省点です」
5区 服部壮馬
「距離を走る練習が多かったので、スピードの感覚というのがあまり戻っていませんでしたが、最後まで走り切れたというのは自分の中では良かったかなと思います」
6区 小暮真緒
「ラストのスピードには自信があったので、(突き放した時に)優勝できると思いました。フィニッシュした時はホッとしたのが一番で、うれしかったです」

文/馬場 遼

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com