HOME ニュース、海外

2022.02.21

女子800mでホジキンソンが室内歴代6位の1分57秒20 女子60mはトンプソン・へラーがV/WA室内ツアー
女子800mでホジキンソンが室内歴代6位の1分57秒20 女子60mはトンプソン・へラーがV/WA室内ツアー

東京五輪女子800m2位のホジキンソン


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月19日に行われた世界陸連室内ツアー・ゴールドの競技会(英国・バーミンガム)の女子800mで、東京五輪銀メダリストのH.ホジキンソン(英国)が1分57秒20の室内世界歴代6位、英国室内新で優勝した。19歳のホジキンソンは屋外で欧州U20記録、英国記録の1分55秒88(21年)の記録を持っている。

広告の下にコンテンツが続きます

男子棒高跳は東京五輪金メダリストで世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が今季世界最高の6m05で制した。5m61、81を1回で成功し、6m05は3回目にクリア。世界記録を上回る6m19にバーを上げ、3回目で惜しい跳躍があったもののクリアならなかった。

女子60mでは東京五輪100m、200mで金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が7秒08で勝利。2位は東京五輪100m6位のM.カンブンジ(スイス)が7秒11で続いた。男子60mは19年ドーハ世界選手権200m金メダリストのN.ライルズ(米国)が6秒55の自己新でV。同タイムの2位には東京五輪100m5位のR.ベイカー(米国)が入った。

男子60mハードルは世界記録保持者のG.ホロウェイ(米国)が2位を0.18秒も引き離す7秒41で圧勝。女子走高跳は4日前にオセアニア室内記録の1m99を跳んだE.パターソン(豪州)が1m97で勝利し、女子1500mはD.セヨーム(エチオピア)4分04秒35、男子800mはC.キプルト(ケニア)1分45秒39で優勝した。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 2月19日に行われた世界陸連室内ツアー・ゴールドの競技会(英国・バーミンガム)の女子800mで、東京五輪銀メダリストのH.ホジキンソン(英国)が1分57秒20の室内世界歴代6位、英国室内新で優勝した。19歳のホジキンソンは屋外で欧州U20記録、英国記録の1分55秒88(21年)の記録を持っている。 男子棒高跳は東京五輪金メダリストで世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が今季世界最高の6m05で制した。5m61、81を1回で成功し、6m05は3回目にクリア。世界記録を上回る6m19にバーを上げ、3回目で惜しい跳躍があったもののクリアならなかった。 女子60mでは東京五輪100m、200mで金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が7秒08で勝利。2位は東京五輪100m6位のM.カンブンジ(スイス)が7秒11で続いた。男子60mは19年ドーハ世界選手権200m金メダリストのN.ライルズ(米国)が6秒55の自己新でV。同タイムの2位には東京五輪100m5位のR.ベイカー(米国)が入った。 男子60mハードルは世界記録保持者のG.ホロウェイ(米国)が2位を0.18秒も引き離す7秒41で圧勝。女子走高跳は4日前にオセアニア室内記録の1m99を跳んだE.パターソン(豪州)が1m97で勝利し、女子1500mはD.セヨーム(エチオピア)4分04秒35、男子800mはC.キプルト(ケニア)1分45秒39で優勝した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top