月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

20歳のゲブルがハーフマラソン世界歴代4位の64分14秒 男子は世界記録保持者キプリモが57分56秒/RAKハーフ

2月19日にアラブ首長国連邦で行われたRas Al Khaimah(RAK)ハーフマラソン。女子の部は世界歴代上位の記録が並ぶ高速レースとなり、20歳のG.ゲブル(エチオピア)が世界4位の1時間4分14秒で優勝した。2位のH.オビリ(ケニア)も同歴代5位の1時間4分22秒、3位のS.チェプキルイ(ケニア)は世界歴代7位の1時間4分36秒だった。

ゲブルは2018年のU20世界選手権5000mで銅メダル。序盤は8人の集団で進み、5kmは15分12秒で通過。10km地点で5人に絞られて30分28秒だった。その後は上位3人の争いとなり、最後はスパートを決めたゲブルが初のハーフマラソンで勝利を飾った。

男子は57分56秒をマークしたJ.キプリモ(ウガンダ)が優勝。自身の持つ世界記録57分31秒には届かなかったが、パフォーマンス世界歴代5位の好記録だった。キプリモは昨年の東京五輪で10000m3位、5000m5位。2位には愛三工業所属のR.ケモイ(ケニア)が58分30秒で入り、58分35秒でK.レンジュ(ケニア)が続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com