HOME バックナンバー
高校生Special Interview 佐藤圭汰 最強ランナーが駆け抜けた3年間
高校生Special Interview 佐藤圭汰 最強ランナーが駆け抜けた3年間

2021年の高校男子長距離界は、佐藤圭汰(洛南3京都)が中心となって動いた、と言っても過言ではないだろう。7月に1500mで22年ぶりとなる高校新記録を樹立すると、10月には5000mで高校新、11月には3000mでも高校最高記録を塗り替えた。さらに、年末の全国高校駅伝でも日本人選手のみで編成されたチームで初の2時間1分台に貢献。その走りで輝かしい成績をいくつも残した。高校陸上界の歴史に名を残した世代最強ランナーの3年間を追う。
◎構成/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます

快走連発も悔しさと達成感
敗戦を糧に奮起し続けた2021

昨年、トラックから駅伝まで走るたびに好記録を打ち立ててきた佐藤圭汰(洛南3京都)。3月の卒業式まで残すところ半月ほどとなり、現在の心中は。

——佐藤選手にとって、高校での主要大会がほぼ終わりました。今の率直な思いを教えてください。

佐藤 まずは夏のインターハイ、年末の都大路と、大変な時期に大会を開催してくださったことにとても感謝しています。〝1への執念〟をスローガンに掲げて優勝を目指していた都大路では2位という悔しい結果でしたが、日本人だけのチームでは初となる2時間1分台を出せたことは誇りに思っています。また、インターハイで総合優勝を果たせましたし、個人的にも年頭に目標として掲げた3つの高校記録を出すことができたので良かったです。

——トラック、駅伝の両方で留学生に勝負を挑むことをテーマに掲げていました。

広告の下にコンテンツが続きます

佐藤 記録的な目標は達成することができましたが、(5000m4位の)インターハイでもそうですし、(3区区間4位の)都大路でも留学生に歯が立たず、勝負どころの後半
で引き離されてしまうなど力の差を感じました。高校では勝つことはできませんでしたが、大学では強い留学生にも勝てるように、向上心を持って臨みたいです。

——3年間で最も印象に残っているレースを教えてください。

佐藤 どれも印象深いですが、1つ挙げるとすればインターハイの5000m決勝です。ホクレン・ディスタンスチャレンジ(7月17日)で1500mの高校新(3分37秒18)を出していたので自信もあり、その後もいいレースができていたので絶対に留学生に勝つという強い気持ちを持って臨みました。しかし、終わってみれば4位。1000m過ぎにレースが動いた時に全然対応できず、残り1周で追いつきましたが、再びラストの切り替えで引き離されてしまうレースでした。まだまだ上には上がいるということを痛感しました。
でも、そうした敗戦があったからこそ、いっそう引き締めて、もっともっと練習して強くならないといけないと思うきっかけになりましたし、日頃の練習にもよりいっそう身が入るようになったことが、その後の5000mの高校新(13分31秒19)や3000mの高校最高記録(7分50秒81)につながったと思います。

——高校記録を目指すなかで壁にぶち当たったこと、悩んだことはありましたか?

広告の下にコンテンツが続きます

佐藤 あまりなかったです。ポイント練習も設定タイム通りにほぼこなせていたので、それがかえって自信につながりました。シーズン前半は1500mの高校記録と日本選手権出場、夏から秋はインターハイと5000mの高校記録、最後は都大路と目標を決めていたので、そのスケジュールに沿って進めてきました。インターハイ後にケガをしてしまい、9月に狙うつもりだった5000mの高校記録の更新が10月になりましたが、奥村(隆太郎)先生と相談して順調に進めました。

1500m優勝、5000m日本人トップ(3位、写真)という成績を収めた福井インターハイ

入学後に故障も都大路区間賞
2年時の3000mで大きな目標を定める

京都・蜂ケ岡中では、タイトルこそ3年時のジュニア五輪B1500mのみだったが、記録面では1500m(3分57秒34)と3000m(8分27秒39)で2018年の中学ランキングトップ。その実績を引っさげて洛南に進む。顧問の奥村先生から「都大路優勝を目指そう」と声をかけられたのがきっかけだった。同学年には全中800m2位の前田陽向(山田東中・大阪)や、3000mで8分30 〜40秒台の記録を持つ溜池一太(野洲北・滋賀)と宮本陽叶(泉川・京都)ら実力者ぞろい。2学年上の先輩には、この年に3000m障害で高校記録を作り、2年後の東京五輪で7位に入った三浦龍司(順大)がいた。

——洛南に入学すると、チームには力のある選手がいました。

広告の下にコンテンツが続きます

佐藤 先輩方が強かったので、自分にとっては、良い目標となりました。練習内容も毎日が充実していて、入学して良かったなと思いましたし、心身ともに成長させてくれるところと感じました。駅伝でも、同級生と一緒にがんばって、力をつけていこうと思いました。

この続きは2022年2月14日発売の『月刊陸上競技3月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

広告の下にコンテンツが続きます
2021年の高校男子長距離界は、佐藤圭汰(洛南3京都)が中心となって動いた、と言っても過言ではないだろう。7月に1500mで22年ぶりとなる高校新記録を樹立すると、10月には5000mで高校新、11月には3000mでも高校最高記録を塗り替えた。さらに、年末の全国高校駅伝でも日本人選手のみで編成されたチームで初の2時間1分台に貢献。その走りで輝かしい成績をいくつも残した。高校陸上界の歴史に名を残した世代最強ランナーの3年間を追う。 ◎構成/花木 雫

快走連発も悔しさと達成感 敗戦を糧に奮起し続けた2021

昨年、トラックから駅伝まで走るたびに好記録を打ち立ててきた佐藤圭汰(洛南3京都)。3月の卒業式まで残すところ半月ほどとなり、現在の心中は。 ——佐藤選手にとって、高校での主要大会がほぼ終わりました。今の率直な思いを教えてください。 佐藤 まずは夏のインターハイ、年末の都大路と、大変な時期に大会を開催してくださったことにとても感謝しています。〝1への執念〟をスローガンに掲げて優勝を目指していた都大路では2位という悔しい結果でしたが、日本人だけのチームでは初となる2時間1分台を出せたことは誇りに思っています。また、インターハイで総合優勝を果たせましたし、個人的にも年頭に目標として掲げた3つの高校記録を出すことができたので良かったです。 ——トラック、駅伝の両方で留学生に勝負を挑むことをテーマに掲げていました。 佐藤 記録的な目標は達成することができましたが、(5000m4位の)インターハイでもそうですし、(3区区間4位の)都大路でも留学生に歯が立たず、勝負どころの後半 で引き離されてしまうなど力の差を感じました。高校では勝つことはできませんでしたが、大学では強い留学生にも勝てるように、向上心を持って臨みたいです。 ——3年間で最も印象に残っているレースを教えてください。 佐藤 どれも印象深いですが、1つ挙げるとすればインターハイの5000m決勝です。ホクレン・ディスタンスチャレンジ(7月17日)で1500mの高校新(3分37秒18)を出していたので自信もあり、その後もいいレースができていたので絶対に留学生に勝つという強い気持ちを持って臨みました。しかし、終わってみれば4位。1000m過ぎにレースが動いた時に全然対応できず、残り1周で追いつきましたが、再びラストの切り替えで引き離されてしまうレースでした。まだまだ上には上がいるということを痛感しました。 でも、そうした敗戦があったからこそ、いっそう引き締めて、もっともっと練習して強くならないといけないと思うきっかけになりましたし、日頃の練習にもよりいっそう身が入るようになったことが、その後の5000mの高校新(13分31秒19)や3000mの高校最高記録(7分50秒81)につながったと思います。 ——高校記録を目指すなかで壁にぶち当たったこと、悩んだことはありましたか? 佐藤 あまりなかったです。ポイント練習も設定タイム通りにほぼこなせていたので、それがかえって自信につながりました。シーズン前半は1500mの高校記録と日本選手権出場、夏から秋はインターハイと5000mの高校記録、最後は都大路と目標を決めていたので、そのスケジュールに沿って進めてきました。インターハイ後にケガをしてしまい、9月に狙うつもりだった5000mの高校記録の更新が10月になりましたが、奥村(隆太郎)先生と相談して順調に進めました。 1500m優勝、5000m日本人トップ(3位、写真)という成績を収めた福井インターハイ

入学後に故障も都大路区間賞 2年時の3000mで大きな目標を定める

京都・蜂ケ岡中では、タイトルこそ3年時のジュニア五輪B1500mのみだったが、記録面では1500m(3分57秒34)と3000m(8分27秒39)で2018年の中学ランキングトップ。その実績を引っさげて洛南に進む。顧問の奥村先生から「都大路優勝を目指そう」と声をかけられたのがきっかけだった。同学年には全中800m2位の前田陽向(山田東中・大阪)や、3000mで8分30 〜40秒台の記録を持つ溜池一太(野洲北・滋賀)と宮本陽叶(泉川・京都)ら実力者ぞろい。2学年上の先輩には、この年に3000m障害で高校記録を作り、2年後の東京五輪で7位に入った三浦龍司(順大)がいた。 ——洛南に入学すると、チームには力のある選手がいました。 佐藤 先輩方が強かったので、自分にとっては、良い目標となりました。練習内容も毎日が充実していて、入学して良かったなと思いましたし、心身ともに成長させてくれるところと感じました。駅伝でも、同級生と一緒にがんばって、力をつけていこうと思いました。 この続きは2022年2月14日発売の『月刊陸上競技3月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top