月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福士加代子 大阪で笑顔のラストラン 五輪4大会出場のレジェンドが現役生活に幕


現役引退を発表している女子長距離のレジェンド・福士加代子(ワコール)が、ラストレースとなる大阪ハーフマラソンに出場し、1時間16分を過ぎたあたりでフィニッシュした。

最後まで笑顔だった。長居スタジアムの最後の直線。右手を何度か挙げながらフィニッシュへ向かう。12月に現役引退を発表した福士。1月16日の都道府県対抗女子駅伝を終え、残すはこの大阪ハーフマラソンだけだった。挫折も栄光も味わった大阪。福士は「代名詞」とも言える満面の笑みでフィニッシュした。「マジできついって。こんなボロボロになるはずじゃないのに」。やっぱり笑っていた。

数々の記録を打ち立て、オリンピックは4大会出場。5大会出場した世界選手権では13年のモスクワ大会マラソン銅メダル。まさに日本陸上界のレジェンドだった。

1982年3月生まれで、青森・五所川原工高から2000年にワコールに入社。01年に3000m、5000m、10000mの3種目でジュニア日本新記録を打ち立てて頭角を現した。

02年の日本選手権で5000mと10000mで2冠を獲得。7月に5000mで日本記録を更新すると、10月の釜山アジア大会では、日本記録をさらに0.02秒更新する14分55秒19をマーク。10000mでは日本歴代2位の30分51秒81でいずれも銀メダルを手にした。

初の五輪代表となった04年のアテネ大会では10000mに出場。08年北京(5000mと10000m)、12年ロンドン(5000mと10000m)に出場するなど、トラック種目で日本女子長距離界を牽引した。

マラソン初挑戦は08年の大阪国際で、この時は終盤にスタミナ切れを起こして失敗。4度目の挑戦となった13年の大阪国際で2位(後に優勝者のドーピング違反で繰り上げ優勝)に入り、同年のモスクワ世界選手権代表に選ばれた。本番では日本勢2大会ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。

16年の大阪国際で優勝を果たし、リオ五輪代表に選出。4回目の五輪は14位だった。30代後半を迎えてからも第一線で活躍。19年の名古屋ウィメンズで日本人2番目の8位に入り、東京五輪マラソン代表を決める同年9月のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)にも出場している(7位)。

トラックのラストランは昨年5月、東京五輪選考会の日本選手権10000m。引退レースを前にしても「さっそうとかっこよく走りたい」。現役ラストに選んだのは、転倒しながらもフィニッシュし、そして世界への扉を掴んだ大阪。倒れても倒れても、笑顔で走り続けてきた、誰からもあこがれられ、目標とされた日本陸上界のレジェンドがシューズを脱いだ。

自己記録は5000m14分53秒22(05年、日本歴代2位)、10000m30分51秒81(02年、日本歴代4位)、マラソン2時間22分17秒(16年、日本歴代10位)。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com