月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

松田瑞生が日本歴代5位の2時間20分52秒!世界陸上へ大きなアピール/大阪国際女子マラソン


◇大阪国際女子マラソン(1月30日/ヤンマースタジアム長居発着)

第41回大阪国際女子マラソンが行われ、招待選手の松田瑞生(ダイハツ)が日本人5人目の2時間21分切りとなる、日本歴代5位の2時間20分52秒(速報値)で大会新優勝を飾った。これで3度目の大阪国際女子マラソン制覇となる。

涙に暮れた東京五輪マラソン代表補欠からのリスタート。地元・大阪で松田が再び世界に向かって力強く走り出した。

「松田旋風を巻き起こしたい」。そう話して松田。序盤から神野大地(セルソース)らが形成する第一ペースメーカーにつく。1kmを3分20秒前後で推移し、5km通過が16分28秒、10kmは33分02秒で通過した。第一集団についたのは松田と上杉真穂(スターツ)の2人だけ。

ハーフは1時間9分57秒で通過。2時間19分台も狙えるペースで進む。その後は上杉がやや離れ、松田だけが男子ペースメーカーとともにトップを走る。後半はややペースが落ち37~38kmは3分31秒かかった。それでもしっかり粘り切り、一昨年にマークした2時間21分47秒を

松田はこれでオレゴン世界選手権の派遣設定記録2時間23分18秒をクリアして代表入りに向けて大きくアピール。パリ五輪選考会となるMGC(23年秋開催)の出場権も獲得した。

2位の上杉は日本歴代2位の2時間22分29秒でこちらもオレゴン世界選手権の派遣記録を突破。6位の 佐藤早也伽(積水化学)までがMGCの出場権を獲得している。

■大阪国際女子マラソン上位成績
1位 松田瑞生(ダイハツ)2時間20分52秒=大会新
2位 上杉真穂(スターツ)2時間22分29秒
3位 松下菜摘(天満屋)2時間23分05秒
4位 谷本観月(天満屋)2時間23分11秒
5位 阿部有香里(しまむら)2時間24分02秒
6位 佐藤早也伽(積水化学)2時間24分47秒
7位 川内理江(大塚製薬)2時間25分35秒
8位 岩出玲亜(千葉陸協)2時間27分14秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com