HOME ニュース、国内

2022.01.29

「あきらめる気持ちがなかったので続けてこられた」短距離女王・福島千里が現役を引退、今後は「子供たちを笑顔に」
「あきらめる気持ちがなかったので続けてこられた」短距離女王・福島千里が現役を引退、今後は「子供たちを笑顔に」


笑顔で現役引退を発表した福島千里(セイコー提供)

 

遠かった日本女子短距離の「世界」との距離を、一気に縮めた偉大なスプリンター、福島千里(セイコー)が現役引退を決断した。

1月29日、オンラインで開かれた「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」就任会見でスパイクを脱ぐことを発表した福島は、「小学校4年から陸上を始めて23年。これまで支えてくださった方々、両親をはじめ名前を上げればきりがないですが、関わってくれた方々に感謝の気持ちでいっぱい」と率直な思いを語った。

福島が成し遂げてきた偉業は、枚挙にいとまがない。

五輪には2008年北京大会で日本女子56年ぶり出場を果たすと、12年ロンドン、16年リオと3大会連続で代表に。世界選手権は09年ベルリンから4大会連続で出場し、11年テグでは100m、200mともに準決勝進出を果たした。

世界を目指して走り続けた福島にとっても、長いキャリアで最も思い出深いレースはやはり世界大会で、北京五輪と、同じ地で開催された15年の世界選手権を挙げた。

「一番印象に残っているのは北京五輪で、私の原点。そして、数年走ってきて、2015年の世界選手権も同じ北京。積み重ねてきた練習も含めて、予選は世界と戦えた(世界大会日本人最高の11秒23で3着通過)。目指してきた走りができたレース。そこも印象に残っている」

日本選手権は11年~16年に6年連続で100m、200m2冠を獲得するなど、両種目ともに優勝回数は8回。これはいずれも史上最多だ。

記録面でも、100mは08年に当時日本タイの11秒36をマークしたのを皮切りに、11秒21(10年)まで短縮。200mは09年に23秒14を出した後、16年の22秒88が現在も日本記録として残る。日本人女子で11秒3を切った選手、23秒を切った選手はいずれも福島ただ1人だ。

絶頂時には鮮やかなスタートダッシュから他を圧倒し、フィニッシュまで軸のまったくぶれない美しいフォームで走り切るレースが印象的だった。世界に目を向け、世界に少しでも近くづくために、常に自分に厳しい姿勢を持ち続けてきた。ここ数年はケガが相次ぎ、本来の走りを見せることができなくなっていたが、それでもスタートラインに立った福島の姿は輝いていた。

ただ、目標にしてきた東京五輪出場がかなわなかったこと。加えて「ケガのリスクがすごく多くて、目指しているところに対して『やりたい練習』よりも、『やれる練習』を選択したというところが正直なところ」と、目標と自身の現在地とのギャップが、引退へと気持ちが向かうきっかけとなった。

最終的には、9月の全日本実業団対抗選手権を終えて決断した。その前に、「もちろん最後にするという可能性はあった」そうだが、「最後、全日本実業団というものに対して、しっかり練習を積んでいきたということが私の中であった。引退を決めたらさみしいという気持ちがあふれてしまって練習にならない。勝負に徹したいと思った」。最後の最後まで自分らしさを貫いた競技人生だった。

自身のキャリアを振り返ると、「十分に『やり切ったか?』と言われればわからないが、私としてはやり切った、がんばれるところはがんばってきたかなという気持ちがある。達成感はそこまでないが、解放感が少しある」と言う。そして、支えてくれた周囲への感謝の言葉を続けた。

「小学校の頃から夢だった五輪に出場することができ、たくさんの方々のお陰でいろんなことを経験することができた。それは私の財産です。ここ数年はすごく苦しいシーズンがあった。でも、環境を変えて、東京を目指してさまざまな挑戦をさせてもらえた。コーチ、トレーナーさん含めて、私の挑戦を支えてくれたことが、大きな原動力。続けるために環境を変えたり、続けるために新しいことに挑戦したりと、何とかして速く走るためにがんばってこられた。目標が達成されるまでは、あきらめる気持ちがなかったので、ずっと続けてこられたと思う」

同日に、セイコーホールディングス株式会社代表取締役会長兼グループCEO兼グループCCOの服部真二氏から「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」に任命された。これからは、同社が全国展開を予定している「セイコーわくわくスポーツ教室」で陸上教室の講師として、子供たちに走ることの楽しさを伝えていく。

服部氏から「これからは歯を食いしばらず、笑って走って、子供たちを明るくしてほしい」と言われると、「笑って走っていいなんて、現役中は一切なかった。走ることの楽しさ、喜びを伝えていければいいなと思います」と笑顔で語った。

また、福島に続く後輩たちに、「私自身が経験してきた、体験してきた感覚だったりプロセスを、たくさんの選手の伝えていけるような機会があれば、挑戦していきたい」と言う。

「長く陸上競技をやらせてもらったが、楽しいことももちろんあるし、苦しいと思う瞬間もあると思う。でも、続けてないとわからないものがある。とにかくあきらめないでいろんなことに挑戦したり、工夫したりを続けてほしい。今後、たくさんの選手を応援したいし、がんばってほしいという気持ちでいっぱいです」

日本スプリントの女王は笑顔で、次の目標に向けて新たなスタートを切った。

◎プロフィール
1988年6月27日生まれ、33歳。北海道・糠内中→帯広南商高→北海道ハイテクAC→セイコー
●自己ベスト
100m 11秒21(2010年)=日本記録
200m 22秒89(2016年)=日本記録
●日本記録樹立
100m 11秒36(08年/タイ)→11秒28(09年)→11秒24(同)→11秒21(10年)
200m 23秒14(09年)→23秒00(同)→22秒89(10年)→22秒88(16年)
●国際大会成績
05年 世界ユース100m準決・200m準決
06年 世界ジュニア100m準決
08年 五輪100m1次予選
09年 世界選手権100m2次予選・200m予選、アジア選手権100m①
10年 アジア大会100m①・200m①
11年 世界選手権100m準決勝・200m準決勝、アジア選手権200m①
12年 五輪100m予選・200m予選、世界室内60m準決
13年 世界選手権200m予選、アジア選手権100m②・200m④
14年 アジア大会100m②・200m③
15年 世界選手権100m準決勝・200m予選、アジア選手権100m①
16年 五輪100m欠場・200m予選
18年 アジア大会100m予選・200m棄権
19年 アジア選手権100m準決勝

 

福島千里 引退特設サイト

【 福島選手感動をありがとう 】 福島千里選手 現役引退スペシャルムービー」

笑顔で現役引退を発表した福島千里(セイコー提供)   遠かった日本女子短距離の「世界」との距離を、一気に縮めた偉大なスプリンター、福島千里(セイコー)が現役引退を決断した。 1月29日、オンラインで開かれた「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」就任会見でスパイクを脱ぐことを発表した福島は、「小学校4年から陸上を始めて23年。これまで支えてくださった方々、両親をはじめ名前を上げればきりがないですが、関わってくれた方々に感謝の気持ちでいっぱい」と率直な思いを語った。 福島が成し遂げてきた偉業は、枚挙にいとまがない。 五輪には2008年北京大会で日本女子56年ぶり出場を果たすと、12年ロンドン、16年リオと3大会連続で代表に。世界選手権は09年ベルリンから4大会連続で出場し、11年テグでは100m、200mともに準決勝進出を果たした。 世界を目指して走り続けた福島にとっても、長いキャリアで最も思い出深いレースはやはり世界大会で、北京五輪と、同じ地で開催された15年の世界選手権を挙げた。 「一番印象に残っているのは北京五輪で、私の原点。そして、数年走ってきて、2015年の世界選手権も同じ北京。積み重ねてきた練習も含めて、予選は世界と戦えた(世界大会日本人最高の11秒23で3着通過)。目指してきた走りができたレース。そこも印象に残っている」 日本選手権は11年~16年に6年連続で100m、200m2冠を獲得するなど、両種目ともに優勝回数は8回。これはいずれも史上最多だ。 記録面でも、100mは08年に当時日本タイの11秒36をマークしたのを皮切りに、11秒21(10年)まで短縮。200mは09年に23秒14を出した後、16年の22秒88が現在も日本記録として残る。日本人女子で11秒3を切った選手、23秒を切った選手はいずれも福島ただ1人だ。 絶頂時には鮮やかなスタートダッシュから他を圧倒し、フィニッシュまで軸のまったくぶれない美しいフォームで走り切るレースが印象的だった。世界に目を向け、世界に少しでも近くづくために、常に自分に厳しい姿勢を持ち続けてきた。ここ数年はケガが相次ぎ、本来の走りを見せることができなくなっていたが、それでもスタートラインに立った福島の姿は輝いていた。 ただ、目標にしてきた東京五輪出場がかなわなかったこと。加えて「ケガのリスクがすごく多くて、目指しているところに対して『やりたい練習』よりも、『やれる練習』を選択したというところが正直なところ」と、目標と自身の現在地とのギャップが、引退へと気持ちが向かうきっかけとなった。 最終的には、9月の全日本実業団対抗選手権を終えて決断した。その前に、「もちろん最後にするという可能性はあった」そうだが、「最後、全日本実業団というものに対して、しっかり練習を積んでいきたということが私の中であった。引退を決めたらさみしいという気持ちがあふれてしまって練習にならない。勝負に徹したいと思った」。最後の最後まで自分らしさを貫いた競技人生だった。 自身のキャリアを振り返ると、「十分に『やり切ったか?』と言われればわからないが、私としてはやり切った、がんばれるところはがんばってきたかなという気持ちがある。達成感はそこまでないが、解放感が少しある」と言う。そして、支えてくれた周囲への感謝の言葉を続けた。 「小学校の頃から夢だった五輪に出場することができ、たくさんの方々のお陰でいろんなことを経験することができた。それは私の財産です。ここ数年はすごく苦しいシーズンがあった。でも、環境を変えて、東京を目指してさまざまな挑戦をさせてもらえた。コーチ、トレーナーさん含めて、私の挑戦を支えてくれたことが、大きな原動力。続けるために環境を変えたり、続けるために新しいことに挑戦したりと、何とかして速く走るためにがんばってこられた。目標が達成されるまでは、あきらめる気持ちがなかったので、ずっと続けてこられたと思う」 同日に、セイコーホールディングス株式会社代表取締役会長兼グループCEO兼グループCCOの服部真二氏から「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」に任命された。これからは、同社が全国展開を予定している「セイコーわくわくスポーツ教室」で陸上教室の講師として、子供たちに走ることの楽しさを伝えていく。 服部氏から「これからは歯を食いしばらず、笑って走って、子供たちを明るくしてほしい」と言われると、「笑って走っていいなんて、現役中は一切なかった。走ることの楽しさ、喜びを伝えていければいいなと思います」と笑顔で語った。 また、福島に続く後輩たちに、「私自身が経験してきた、体験してきた感覚だったりプロセスを、たくさんの選手の伝えていけるような機会があれば、挑戦していきたい」と言う。 「長く陸上競技をやらせてもらったが、楽しいことももちろんあるし、苦しいと思う瞬間もあると思う。でも、続けてないとわからないものがある。とにかくあきらめないでいろんなことに挑戦したり、工夫したりを続けてほしい。今後、たくさんの選手を応援したいし、がんばってほしいという気持ちでいっぱいです」 日本スプリントの女王は笑顔で、次の目標に向けて新たなスタートを切った。 ◎プロフィール 1988年6月27日生まれ、33歳。北海道・糠内中→帯広南商高→北海道ハイテクAC→セイコー ●自己ベスト 100m 11秒21(2010年)=日本記録 200m 22秒89(2016年)=日本記録 ●日本記録樹立 100m 11秒36(08年/タイ)→11秒28(09年)→11秒24(同)→11秒21(10年) 200m 23秒14(09年)→23秒00(同)→22秒89(10年)→22秒88(16年) ●国際大会成績 05年 世界ユース100m準決・200m準決 06年 世界ジュニア100m準決 08年 五輪100m1次予選 09年 世界選手権100m2次予選・200m予選、アジア選手権100m① 10年 アジア大会100m①・200m① 11年 世界選手権100m準決勝・200m準決勝、アジア選手権200m① 12年 五輪100m予選・200m予選、世界室内60m準決 13年 世界選手権200m予選、アジア選手権100m②・200m④ 14年 アジア大会100m②・200m③ 15年 世界選手権100m準決勝・200m予選、アジア選手権100m① 16年 五輪100m欠場・200m予選 18年 アジア大会100m予選・200m棄権 19年 アジア選手権100m準決勝   福島千里 引退特設サイト 【 福島選手感動をありがとう 】 福島千里選手 現役引退スペシャルムービー」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top