月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福島千里が引退後の初仕事!「セイコーわくわくスポーツ教室」で子供たちに笑顔で「喜びを得るためにコツコツ努力を」


「セイコーわくわくスポーツ教室」に参加した小学生と記念撮影した福島千里(セイコー)。右はトレーナーの五味宏生氏(セイコー提供)

「セイコーわくわくスポーツ教室」が1月29日、オンラインを活用して開催され、同日に「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」に就任した福島千里が、トレーナーの五味宏生氏の指導のもと、地元・北海道の小学生たちと一緒に笑顔で汗を流した。

リズム体操から、遊びの要素をふんだんに取り入れたステップやジャンプでウォーミングアップ。少し休憩をはさんだ後は、陸上の動きに近づけたトレーニングを行った。いずれも身体だけでなく、頭も使うメニューばかりで、福島も途中でまごつくような場面がありながらも、画面の向こうの子供たちと競い合いながら取り組んだ。

その後は陸上競技を始めたきっかけや、競技を振り返るトークセッションと、子供たちからの質問コーナーを実施した。

子供たちからのQ&Aでは、まず「大会前はどんな食事をしていましたか?」という質問には、「試合前はなるべくご飯、主食を中心にビタミンをなるべく積極的に摂るようにしていた。試合前は緊張して胃もびっくりしているので、消化の良い、自分の好きなものとビタミンを摂るようににしていた」と返した。

「小学生でやっていて良かったことは?」と聞かれると、「小4から陸上をやっていて、陸上教室に遊びにいく、友達と遊びにいくプラス陸上という感覚でやれたことが大きかった。みなさんも、楽しんでやってほしいです」。

「家での自主トレはどんなことをしていましたか?」という問いには、「グラウンド以外のトレーニングは家でいくらでもできる。今日やったバランストレーニングもそうだし、腹筋や腕立てもそう。私も気がついたら腹筋の姿勢を取っていた(笑)」と答えた。

教室の最後には、「北海道は今は雪で走れないですが、雪が解けてからを楽しみに、がんばってください。みなさんの競技生活を応援しています」と参加した子供たちにメッセージを送った

同教室の前に現役引退を発表したばかりだったが、セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)としての最初の業務をこなした福島は、「現役を終えてもなお、こうしてこういう活動ができるということは、これからも会社と関わっていけるのは楽しいイベントでした」と笑顔で振り返った。

また、今後についても「昨日より少しでも速くなったり、できることができるようになったり、勝てなかった選手に勝てたり、喜びがいろんなところにある。その喜びを得るためにコツコツ努力をし、その結果として成長が得られる。そういった1つひとつの行動に対して、たくさんの方たちを応援できればと思う」と話した。

 

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com