月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

デュプランティスが大会新の6m02、アレガウィが歴代5位の7分26秒20/WA室内ツアーゴールドラベル開幕戦


Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

世界陸連(WA)室内ツアー競技会のゴールドラベル開幕戦が1月28日、ドイツ・カールスルーエで行われ、男子棒高跳は世界記録(6m18)保持者で、昨年の東京五輪金メダリストのA.デュプランティス(スウェーデン)が大会新の6m02で優勝した。

デュプランティスは6m02を1回で成功し、R.ラヴィレニ(フランス)が作った大会記録(5m95)を7cm更新。その後、自身の持つ世界記録を1cm更新する6m19にバーを上げたものの、クリアできなかった。

男子3000mは昨年末に5kmで世界記録を樹立した20歳のB.アレガウィ(エチオピア)が室内世界歴代5位の7分26秒20で制覇。60mハードルは女子が2015年北京世界選手権金メダルのD.ウィリアムス(ジャマイカ)が7秒84、男子は東京五輪5位のP.マルティノラガルド(フランス)が7秒54でそれぞれ優勝。男子走幅跳は東京五輪7位のT.モントレー(スウェーデン)が8m02で、女子1500mはA.エムバエ(エチオピア)が4分02秒12で制した。

今季室内ツアーのゴールドラベルはこの大会を皮切りに3月2日のマドリード(スペイン)まで7戦が予定されている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com