HOME 書籍

2017.08.16

秩父宮賜杯 実業団・学生対抗 50年史
秩父宮賜杯 実業団・学生対抗 50年史


 陸上競技熱の高まりを受けて始まった「一般対学生」が1960年(昭和35年)に発展的解消し,「一般対学生」から秩父宮賜杯を継承拝受して,1961年(昭和36年)に「秩父宮賜杯実業団・学生対抗陸上競技大会」の第1回大会が小田原市営城山陸上競技場で開催されました。
以来,多くの好記録,名勝負を生み出しながら半世紀の時を経て,2010年(平成22年)に第50回大会を迎えました。
この節目を記念して,「実業団・学生対抗」を主催する日本実業団陸上競技連合と社団法人日本学生陸上競技連合では,「秩父宮賜杯実業団・学生対抗陸上競技大会50年史」を刊行しました。
各大会の概要,写真と成績,さらに,大会創設のエピソードなどを盛り込んだ座談会や,トップ選手へのインタビューなどを収録。日本陸上界を振り返るうえでも貴重な資料となる保存版です。

主な内容

 

・栄光の優勝杯
・大会公式プログラム
・歴史を彩った名場面
・主催者あいさつ
・関係者メッセージ
・「実学」50年の歩み
・特別座談会「実学」の半世紀とこれから
・第1回~第50回大会概要(全成績収録)
・大会資料(一般対学生対抗成績収録)

 


 

書   名 秩父宮賜杯 実業団・学生対抗 50年史
編集・発行 日本実業団陸上競技連合・社団法人 日本学生陸上競技連合
制  作 (株)陸上競技社
体   裁 B5版カバー装 152ページ
価  格 2500円(送料・税込)
初   版 2010年12月

 

カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します

郵便振替で購入する


 陸上競技熱の高まりを受けて始まった「一般対学生」が1960年(昭和35年)に発展的解消し,「一般対学生」から秩父宮賜杯を継承拝受して,1961年(昭和36年)に「秩父宮賜杯実業団・学生対抗陸上競技大会」の第1回大会が小田原市営城山陸上競技場で開催されました。 以来,多くの好記録,名勝負を生み出しながら半世紀の時を経て,2010年(平成22年)に第50回大会を迎えました。 この節目を記念して,「実業団・学生対抗」を主催する日本実業団陸上競技連合と社団法人日本学生陸上競技連合では,「秩父宮賜杯実業団・学生対抗陸上競技大会50年史」を刊行しました。 各大会の概要,写真と成績,さらに,大会創設のエピソードなどを盛り込んだ座談会や,トップ選手へのインタビューなどを収録。日本陸上界を振り返るうえでも貴重な資料となる保存版です。

主な内容

 
・栄光の優勝杯 ・大会公式プログラム ・歴史を彩った名場面 ・主催者あいさつ ・関係者メッセージ ・「実学」50年の歩み ・特別座談会「実学」の半世紀とこれから ・第1回~第50回大会概要(全成績収録) ・大会資料(一般対学生対抗成績収録)
 

 
書   名 秩父宮賜杯 実業団・学生対抗 50年史
編集・発行 日本実業団陸上競技連合・社団法人 日本学生陸上競技連合
制  作 (株)陸上競技社
体   裁 B5版カバー装 152ページ
価  格 2500円(送料・税込)
初   版 2010年12月
 
カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top