月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前回王者・駒大は意地の3位に大八木監督「ベストメンバーを組めなかった、残念」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

前回王者の駒大は、往路でトップ青学大と3分28秒差をつけられた。「この差は厳しいですが、箱根駅伝は何が起こるかわからない。7区以降で少しずつ近づいていきたい」。大八木弘明監督は復路での〝逆襲〟を狙っていた。

当日変更で最大となる4人をチェンジ。6区に佃康平(4年)、7区に白鳥哲汰(2年)、8区に鈴木芽吹(2年)、10区に青柿響(2年)を投入して、必死に前を追いかけた。

佃は帝京大をかわして2位に上がる。だが、7区の白鳥は順位をキープするが区間10位と伸び悩み、青学大の背中は離れていく。右大腿部骨折から復帰した鈴木は茅ヶ崎(6.7㎞地点)を2位で通過するなど前半は快調に見えた。しかし、終盤に大きく崩れ、藤色のタスキを渡した後、倒れ込んだ。

「芽吹は疲労骨折が治って、大丈夫かなと思っていたんですけど、急に動きがおかしくなったので、前のような状態になったのかもしれません。レース中に痛めたのは大腿部じゃなくてお尻の方です」(大八木監督)

アクシデントのあった鈴木は区間18位で6位まで順位を落とした。それでも2年連続で9区を任された山野力(3年)が攻めのレースを見せて、創価大と東京国際大をかわして4位に浮上。青柿は中大を逆転すると、終盤は東洋大との激戦を制して、トップ3を確保した。

前回王者として意地を見せた駒大だが、大八木監督は、「今回は大変でしたね」と振り返った。登録選手上位10人の10000m平均タイムトップ(28分24秒65)のスピードを生かすことができなかったといえる継走。2区でエース・田澤廉(3年)が区間賞に輝くも、3区・安原太陽(2年)が区間16位、白鳥が区間10位、そして鈴木が苦しんだ。

「区間ふたケタが3区間もあったら勝てないですよ。芽吹のところでだいぶ違いますし、3区も違う。全体的にスタミナ不足かな」と大八木監督。「コロナ禍でハーフに出られたった影響もあるかなと思いますね。3区にエントリーしていた佐藤条二(1年)は心肺機能が低下するなど体調が良くなかったので外しました。故障者がいたのでベストメンバーを組めなかった。やり直しです」と指揮官は言い聞かせるように語る。

それでも、「ただ初めて出場した選手のなかではしっかり走った選手もいるので、来季につなげたいなと思います」と前を向く。来季は有力ルーキーも加入予定。最終学年を迎える絶対エース・田澤、そしてリベンジを誓う新3年生世代を中心に、悲願の「駅伝3冠」を奪いにいく。

【関連記事】箱根駅伝2022の全成績&区間賞一覧

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com