月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

15年ぶりトップ3位入りの2位・順大「今度は総合優勝を目指すと堂々と言いたい」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

総合優勝11回を誇る順大が、伝統の継走で輝きを取り戻した。優勝した青学大から10分以上離されたものの、10時間54分33秒で総合2位。トップ3は最後に優勝した2007年以来、15年ぶりだった。

全日本大学駅伝で3位。長門俊介監督は「学生たちは総合優勝を掲げていた」と話す。前評判では「往路優勝もあり得る」という“前半型”が予想されるチーム。ところが、序盤は苦しい展開が待っていた。1区には東京五輪3000m障害代表の三浦龍司(2年)ではなく平駿介(3)を起用したが区間18位と出遅れる。三浦を2区に投入し区間11位。順位を1つ上げてつないだ。

3区・伊豫田達弥(3年)、4区・石井一希(2年)が安定した走りを見せて5位で往路を終える。そして翌日。これまで「復路の順大」といわれ、何度も逆転劇を演じてきた伝統は、やはり健在だった。

当日変更で6区に入った主将の牧瀬圭斗(4年)が区間賞を獲得。「最初の上りは得意ではないのですがうまく上れて、今日は行けるなと思いました」という牧瀬は、駒大を一度はかわして2位に上がるほどの力走だった。「自分の走りができれば区間賞争いに加われると思っていました。結果的に記録がついてきた」と、5位で小田原中継所にたどり着く。さらに8区の津田将希(4年)も「途中からは自分のペースで押し切れました」と区間賞。単独2位に躍り出た。

9、10区と区間ふたケタだったものの2位をしっかり死守。長門監督は「箱根駅伝はやっぱり4年生の力が必要。頑張ってくれました」と、区間賞を獲得した牧瀬と津田の走りを称える。

青学大とは大差がついただけに、「悔しさは残る」と指揮官は言うものの「全日本が3位だったので3位以上を取れてホッとしている部分もあります」と安堵感と充実感も漂わせる。自身が学生だった2007年優勝時以来の表彰台。「3年生以下が、元気がいいので、底力をつけてまた挑戦したい。今度は総合優勝を目指す、と堂々と言いたいと思います」と言うように、今回の2位をステップに、順大完全復活に向けて歩みが止まることはない。

■順大の箱根駅伝至近10回の成績
13年 6位
14年 16位
15年 12位
16年 6位
17年 4位
18年 11位
19年 8位
20年 14位
21年 7位
22年 2位

【関連記事】箱根駅伝2022の全成績&区間賞一覧

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com