月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大、10分以上の大差をつける歴史的圧勝で2年ぶり王座奪還!「駅伝男」岸本&佐藤の復路起用が的中「総合力で優勝できた」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

箱根駅伝で青学大が2年ぶり6度目の総合優勝を『圧巻レース』で完結させた。

往路で2位・帝京大に2分37秒差というセーフティリードを奪った青学大だが、原晋監督は「復路優勝と完全優勝を狙います」とギアを緩めない。青学大の選手は後ろを気にすることなく、ひたすら前を見つめて攻め込んだ。

6区・高橋勇輝(4年)は「あとの4人に負担をかけてしまいました」と悔しい走りも、区間8位でまとめると、7区・岸本大紀(3年)は区間賞の快走でリードを拡大する。8区佐藤一世(2年)も区間2位と好走。9区中村唯翔(3年)は2008年に中央学大・篠藤淳が樹立した区間記録(1時間8分01秒)を大幅に塗り替える1時間7分15秒と爆走した。

最後は2年連続でアンカーを務めた中倉啓敦(3年)がパワフルな走りで、大手町のフィニッシュに飛び込んだ。中倉も1時間7分50秒で区間新記録を樹立。往路に続き、復路も制すと、総合成績は10時間43分42秒をマーク。5時間21分36秒の復路新記録だけでなく、2年前に先輩たちが樹立した大会記録(10時間45分23秒)も更新して、2位の順大に現行コースで最大差となる10分51秒という歴史的な大差をつけた。

原監督は、「復路については本来往路に出場してもいいぐらいの能力の高い5人が出走することになり、実力通りの走りをしてくれた結果だと思っています」と選手たちの走りを絶賛。そして当初は「2区・岸本、4区・佐藤」というオーダーを準備していたことを明かした。

「岸本と佐藤は夏合宿以降100%の練習メニューをこなすことができませんでした」と原監督。岸本は2年前の箱根で2区を務めて快走を見せたが、その後は故障で苦しんだ。昨年11月の全日本大学駅伝で復帰したものの仙骨の疲労骨折で、「全日本後に故障で3週間はノーランニングの状態でした」(原監督)。

さらに「直前に佐藤は10日前に発熱しました。2人の往路は難しいと判断して、復路に起用したんです」。イチかバチかにも思えなくない采配だが「彼らは駅伝力が高いので、スタートラインに立ったときは必ず走ってくれると思っていました」と、青学大が誇る“駅伝男”2人の力を信じて送り出した。

青学大の選手たちは原監督の狙い通りの快走を連発。圧倒的な強さで『戦国駅伝』とも言われた一戦を“一強”状態で制圧した。
 
主将の飯田貴之(4年)は、「前回(4位)は主将でエースの神林(勇太)さんが欠場することになって、戦略的にも精神的にも崩れてしまいました。今季は一人ひとりが、自分が走って優勝させるんだという気持ちで取り組んできました」と意識改革を明かす。

シーズン通してトラックで好記録を連発し、「5000m13分台が続出して、秋の10000mも28分台がたくさん出ました。出雲と全日本は勝ち切ることができませんでしたが、今回の箱根駅伝に関しては、『自分たちの力を発揮できれば圧勝することができるんだ』と自分からみんなに話したんです」と飯田。その言葉通り、「出場した10人が自分の力を発揮して、総合力で優勝することができました。何があっても崩れないチームを体現できたと思っています」と胸を張った。

2年ぶりの王座奪還。もちろん、他校は「打倒・青学大」を掲げて1年間過ごしてくるが、タレントがそろう3年生を中心に、「史上最強チーム」をさらに高みへと押し上げてライバルたちをはねのける。

【関連記事】箱根駅伝2022の全成績&区間賞一覧

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com