HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

王座奪還の青学大 史上最強軍団に原監督「あっぱれ」主将・飯田「何があっても崩れない」/箱根駅伝
王座奪還の青学大 史上最強軍団に原監督「あっぱれ」主将・飯田「何があっても崩れない」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

主将で4区を走った飯田貴之(4年)は「圧倒的な力を示せた。いい駅伝ができました」と堂々を話した。原晋監督がかねてから「史上最強軍団」とうたっていたが、その評価が「口だけじゃなく、現実のものになった」(原監督)。

往路から安定したタスキリレーだった。1区・志貴勇斗(2年)が区間5位。「初舞台で緊張しましたが、楽しくレースができました」と、しっかり役割を果たした。2区に入ったエースの近藤幸太郎(3年)は「最低限の走りができてホッとしています」と区間7位ながら2位へと躍り出る。

3区に入ったルーキーの太田蒼生は強心臓ぶりを見せて区間2位でトップへ。この快走にも「東京国際大の丹所(健)さんについていっただけ。運も味方してくれました」と淡々と振り返る。4区の飯田も区間3位でつなぎ、5区に入ったこちらも1年生の若林宏樹が区間3位で往路優勝のフィニッシュ。「こんな貴重な体験をできてありがたいです」と初々しく話した。

順調に来ていたが、悔し涙を流したのは6区の高橋勇輝(4年)。57分台を期待されたが、59分03秒で区間8位。「本来であれば4年生として差を広げなければいけなかった。申し訳ない」と言葉を絞り出す。だが、「それを帳消しにするくらい復路の選手が走ってくれた」と高橋は続ける。

前回、主将の神林勇太をケガで欠いた影響が響いて4位。それからは「何があっても崩れないチームというのを目標にしていた」と飯田が言うように、決して崩れない総合力を積み上げてきた。

ケガから復活を遂げた岸本大紀(3年)が、「ケガもありましたが最終的にまとめることができた」と、青学大にとって今大会初の区間賞で勢いを加速させると、8区・佐藤一世(2年)も万全ではないなかで区間2位。圧巻だったのが9区・中村唯翔(3年)と10区・中倉啓敦(3年)の連続区間新。中村は篠藤淳(中央学大)の区間記録を14年ぶりに46秒も更新して見せた。

中倉は「中村が区間新できたので負けられないと思いました」と奮起。前回10区で4位と悔しいフィニッシュテープだったが、「今回は一番うれしいかたちでゴールができてよかったです」と話し、「たくさんの方の思いがつまっている」タスキをトップで大手町に持ち帰った。

原監督は「選手にあっぱれ、褒めてあげたい」と笑顔。「青学大には強くなるメソッドがあります。その通り自律すれば成長できる。自ら考え、行動し、課題に向き合っていける」と、教え子たちの快走に胸を張った。

4年生は飯田、高橋の2人だけ。エース・近藤、復活を遂げた岸本、そして今回区間新を叩き出した中村、中倉が3年生。過去最強軍団として大会新を叩き出した青学大に、4連覇を飾った時以上の黄金時代がやってくるかもしれない。ライバル校へ強烈な印象を与える圧倒的な完全優勝だった。

◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 主将で4区を走った飯田貴之(4年)は「圧倒的な力を示せた。いい駅伝ができました」と堂々を話した。原晋監督がかねてから「史上最強軍団」とうたっていたが、その評価が「口だけじゃなく、現実のものになった」(原監督)。 往路から安定したタスキリレーだった。1区・志貴勇斗(2年)が区間5位。「初舞台で緊張しましたが、楽しくレースができました」と、しっかり役割を果たした。2区に入ったエースの近藤幸太郎(3年)は「最低限の走りができてホッとしています」と区間7位ながら2位へと躍り出る。 3区に入ったルーキーの太田蒼生は強心臓ぶりを見せて区間2位でトップへ。この快走にも「東京国際大の丹所(健)さんについていっただけ。運も味方してくれました」と淡々と振り返る。4区の飯田も区間3位でつなぎ、5区に入ったこちらも1年生の若林宏樹が区間3位で往路優勝のフィニッシュ。「こんな貴重な体験をできてありがたいです」と初々しく話した。 順調に来ていたが、悔し涙を流したのは6区の高橋勇輝(4年)。57分台を期待されたが、59分03秒で区間8位。「本来であれば4年生として差を広げなければいけなかった。申し訳ない」と言葉を絞り出す。だが、「それを帳消しにするくらい復路の選手が走ってくれた」と高橋は続ける。 前回、主将の神林勇太をケガで欠いた影響が響いて4位。それからは「何があっても崩れないチームというのを目標にしていた」と飯田が言うように、決して崩れない総合力を積み上げてきた。 ケガから復活を遂げた岸本大紀(3年)が、「ケガもありましたが最終的にまとめることができた」と、青学大にとって今大会初の区間賞で勢いを加速させると、8区・佐藤一世(2年)も万全ではないなかで区間2位。圧巻だったのが9区・中村唯翔(3年)と10区・中倉啓敦(3年)の連続区間新。中村は篠藤淳(中央学大)の区間記録を14年ぶりに46秒も更新して見せた。 中倉は「中村が区間新できたので負けられないと思いました」と奮起。前回10区で4位と悔しいフィニッシュテープだったが、「今回は一番うれしいかたちでゴールができてよかったです」と話し、「たくさんの方の思いがつまっている」タスキをトップで大手町に持ち帰った。 原監督は「選手にあっぱれ、褒めてあげたい」と笑顔。「青学大には強くなるメソッドがあります。その通り自律すれば成長できる。自ら考え、行動し、課題に向き合っていける」と、教え子たちの快走に胸を張った。 4年生は飯田、高橋の2人だけ。エース・近藤、復活を遂げた岸本、そして今回区間新を叩き出した中村、中倉が3年生。過去最強軍団として大会新を叩き出した青学大に、4連覇を飾った時以上の黄金時代がやってくるかもしれない。ライバル校へ強烈な印象を与える圧倒的な完全優勝だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top