月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大が大会新V!2位・順大が15年ぶりトップ3入り 王者・駒大が意地の3位、中大10年ぶりシード 東海大、早大、明大がシード落ち 全成績&区間賞一覧/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

第98回箱根駅伝が行われ、往路・復路全日程が終了した。

総合優勝は青学大。2年ぶり6度目の頂点に立った。往路、復路ともに優勝の完全制覇で、10時間43分42秒の大会新記録。9区・中村唯翔(3年)、10区・中倉啓敦(3年)が連続区間新で、復路の大会記録も塗り替えた。

2位には順大で、2007年に総合優勝を果たして以来、15年ぶりのトップ3入り。3位は前回王者・駒大。チーム最高記録となる10時間54分57秒だったが、上位2チームには及ばなかった。1区・唐澤拓海(2年)、2区・田澤廉(3年)で流れを作ったが、区間ふたケタがあるなど「でこぼこ駅伝」となったのが響いた。

往路を9位で終えていた東洋大が最後まで追い上げを見せ、4位フィニッシュ。8区以降の3人が区間上位で走って前を追いかけた。東京国際大が5位に入り3年連続でシード権を獲得。一時は3位まで上がった中大は6位で10年ぶりにシード権を獲得した。

シード権獲得となる10位には法大が10区でアップ。一方、東海大が11位で8年ぶりにシード権を落とした。東海大は10時間59分38秒をマークするも、11時間を切って初めてシード権を失うチームとなった。

13位・早大、14位・明大。早大は3年ぶり、明大は2年連続でシード権を逃し、伝統校が苦しい戦いとなった。初出場の駿河台大は19位。繰り上げスタートなく、母校のタスキをつなぎきった。

●第98回箱根駅伝全成績
1位 青学大  10.43.42=大会新
2位 順大   10.54.33
3位 駒大   10.54.57
4位 東洋大  10.54.59
5位 東京国際大10.55.14
6位 中大   10.55.44
7位 創価大  10.56.30
8位 國學院大 10.57.10
9位 帝京大  10.58.06
10位 法大   10.58.46
※以上、シード権獲得
11位 東海大 10.59.38
12位 神奈川大11.00.00
13位 早大  11.00.03
OP 学生連合11.00.25
14位 明大  11.00.28
15位 国士大 11.03.06
16位 中央学大11.07.33
17位 日体大 11.11.11
18位 山梨学大11.11.21
19位 駿河台大11.13.42
20位 専大  11.15.09

■箱根駅伝 区間賞獲得一覧
1区 吉居大和(中大1年)  1時間0分40秒=区間新
2区 田澤 廉(駒大3)     1時間6分13秒
3区 丹所 健(東京国際大3) 1時間0分55秒
4区 嶋津雄大(創価大4)  1時間1分08秒
5区 細谷翔馬(帝京大4)  1時間10分33秒
6区 牧瀬圭斗(順大4年)  58分22秒
7区 岸本大紀(青学大3年) 1時間2分39秒
8区 津田将希(順大4年) 1時間4分29秒
9区 中村唯翔(青学大3年) 1時間7分15秒=区間新
10区 中倉啓敦(青学大3年) 1時間7分50秒=区間新

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com