HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

青学大・中村唯翔が9区区間新!2位順大、3位争い中大が抜け出す 國學院大ルーキー・平林が5人抜き従来の区間記録に迫る/箱根駅伝
青学大・中村唯翔が9区区間新!2位順大、3位争い中大が抜け出す 國學院大ルーキー・平林が5人抜き従来の区間記録に迫る/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

独走となった青学大は、9区の中村唯翔(3年)が圧巻の区間賞を獲得。1時間7分15秒は2008年に篠藤淳(中央学大)が樹立した区間記録1時間8分01秒を46秒も更新する区間新記録だった。2年ぶり王座奪還を盤石のものにする快走だった。

2位は順大が単独走ながらしっかりとペースを守り、青学大とは7分56秒差。熾烈な3位争いを抜け出したのは中大。駒大が4位で粘る。その後方では10位でタスキを受けた國學院大のルーキー・平林清登が圧巻の走りを見せ、順位を上げ5位へと上げた。東京国際大が6位、東洋大が7位。シード権獲得を目指している早大と法大が11位で前を追いかけ、法大が17km過ぎに早大を突き放した。

中村が区間賞を獲得し、平林が1年生ながら区間2位。1時間8分07秒(歴代4位)の好記録だった。東洋大の前田義弘(3年)が区間3位の好走。駒大・山野力(3年)も粘りの走りを見せた。

●9区通過順位
1)青学大 9.35.52
2)順大 9.43.48
3)中大 9.44.35
4)駒大 9.45.14
5)國學院大 9.46.02
6)東京国際大 9.46.08
7)東洋大 9.46.09
8)東海大 9.46.45
9)創価大 9.47.03
10)帝京大 9.47.35
11)法大 9.48.07
12)早大 9.49.21
13)神奈川大 9.49.33
14)国士大 9.50.46
OP関東学生連合9.51.13
15)明大 9.51.17
16)中央学大 9.57.07
17)日体大 10.00.32
18)山梨学大10.00.36
19)専大 10.01.11
20)駿河台大 10.03.32
※速報値

■9区 区間上位成績
1位 中村唯翔(青学大)1時間7分15秒=区間新
2位 平林清澄(國學院大)1時間8分07秒
3位 湯浅 仁(中大)1時間8分31秒
4位 山野 力(駒大)1時間8分48秒
5位 前田義弘(東洋大)1時間8分59秒

◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 独走となった青学大は、9区の中村唯翔(3年)が圧巻の区間賞を獲得。1時間7分15秒は2008年に篠藤淳(中央学大)が樹立した区間記録1時間8分01秒を46秒も更新する区間新記録だった。2年ぶり王座奪還を盤石のものにする快走だった。 2位は順大が単独走ながらしっかりとペースを守り、青学大とは7分56秒差。熾烈な3位争いを抜け出したのは中大。駒大が4位で粘る。その後方では10位でタスキを受けた國學院大のルーキー・平林清登が圧巻の走りを見せ、順位を上げ5位へと上げた。東京国際大が6位、東洋大が7位。シード権獲得を目指している早大と法大が11位で前を追いかけ、法大が17km過ぎに早大を突き放した。 中村が区間賞を獲得し、平林が1年生ながら区間2位。1時間8分07秒(歴代4位)の好記録だった。東洋大の前田義弘(3年)が区間3位の好走。駒大・山野力(3年)も粘りの走りを見せた。 ●9区通過順位 1)青学大 9.35.52 2)順大 9.43.48 3)中大 9.44.35 4)駒大 9.45.14 5)國學院大 9.46.02 6)東京国際大 9.46.08 7)東洋大 9.46.09 8)東海大 9.46.45 9)創価大 9.47.03 10)帝京大 9.47.35 11)法大 9.48.07 12)早大 9.49.21 13)神奈川大 9.49.33 14)国士大 9.50.46 OP関東学生連合9.51.13 15)明大 9.51.17 16)中央学大 9.57.07 17)日体大 10.00.32 18)山梨学大10.00.36 19)専大 10.01.11 20)駿河台大 10.03.32 ※速報値 ■9区 区間上位成績 1位 中村唯翔(青学大)1時間7分15秒=区間新 2位 平林清澄(國學院大)1時間8分07秒 3位 湯浅 仁(中大)1時間8分31秒 4位 山野 力(駒大)1時間8分48秒 5位 前田義弘(東洋大)1時間8分59秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top