HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

青学大、大会新で王座奪還!2年ぶり6度目総合V「パワフル大作戦」完遂/箱根駅伝
青学大、大会新で王座奪還!2年ぶり6度目総合V「パワフル大作戦」完遂/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

第98回箱根駅伝の復路が行われ、青学大が10時間43分42秒(速報値)の大会新記録で制し、2年ぶり6度目の総合優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

まさに総合力の勝利だった。往路は1区・志貴勇斗(2年)が区間5位スタート。2区のエース近藤幸太郎(3年)が区間7位で続き、総合2位へ浮上した。3区に入ったルーキーの太田蒼生が区間2位の快走でトップへ。その後は一度も首位を譲らず、主将の飯田貴之(4年)、若林宏樹(1年)とつなぎ、往路優勝のテープを切った。

大会前、「区間ふたケタ順位を取らなければ勝てる」と話していた原晋監督。その言葉通り、6区では高橋勇輝(4年)が昨年よりは遅れたものの区間8位と粘りの走り。青学大にとって今大会初の区間賞は7区に入った岸本大紀(3年)。度重なるケガから圧巻の復活劇だった。

9、10区は圧巻の一言。9区の中村唯翔(3年)が14年ぶりに区間記録を46秒も更新する区間新・区間賞で差を広げると、10区の中倉啓敦(3年)も

原監督の言葉通り、1人も区間ふたケタ順位を出すことない圧巻V。6人全員が10000m28分台という圧倒的な総合力を見せ、「パワフル大作戦」を完遂。力強い継走で先輩たちが2年前に作った10時間45分23秒を塗り替えて6度目の頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

「史上最強軍団」が再びの黄金時代到来を予感させる、圧巻の往路・復路完全制覇だった。

■青学大・箱根駅伝Vメンバー
1区 志貴勇斗(2年) 1時間1分25秒 区間5位
2区 近藤幸太郎(3年)1時間7分09秒 区間7位
3区 太田蒼生(1年) 1時間1分00秒 区間2位
4区 飯田貴之(4年) 1時間1分46秒 区間3位
5区 若林宏樹(1年) 1時間10分46秒 区間3位
6区 高橋勇輝(4年) 59分03秒 区間8位
7区 岸本大紀(3年) 1時間2分39秒 区間1位
8区 佐藤一世(2年) 1時間4分49秒 区間2位
9区 中村唯翔(3年) 1時間7分15秒=区間新 区間1位
10区 中倉啓敦(3年) 1時間7分50秒=区間新 区間1位

◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 第98回箱根駅伝の復路が行われ、青学大が10時間43分42秒(速報値)の大会新記録で制し、2年ぶり6度目の総合優勝を果たした。 まさに総合力の勝利だった。往路は1区・志貴勇斗(2年)が区間5位スタート。2区のエース近藤幸太郎(3年)が区間7位で続き、総合2位へ浮上した。3区に入ったルーキーの太田蒼生が区間2位の快走でトップへ。その後は一度も首位を譲らず、主将の飯田貴之(4年)、若林宏樹(1年)とつなぎ、往路優勝のテープを切った。 大会前、「区間ふたケタ順位を取らなければ勝てる」と話していた原晋監督。その言葉通り、6区では高橋勇輝(4年)が昨年よりは遅れたものの区間8位と粘りの走り。青学大にとって今大会初の区間賞は7区に入った岸本大紀(3年)。度重なるケガから圧巻の復活劇だった。 9、10区は圧巻の一言。9区の中村唯翔(3年)が14年ぶりに区間記録を46秒も更新する区間新・区間賞で差を広げると、10区の中倉啓敦(3年)も 原監督の言葉通り、1人も区間ふたケタ順位を出すことない圧巻V。6人全員が10000m28分台という圧倒的な総合力を見せ、「パワフル大作戦」を完遂。力強い継走で先輩たちが2年前に作った10時間45分23秒を塗り替えて6度目の頂点に立った。 「史上最強軍団」が再びの黄金時代到来を予感させる、圧巻の往路・復路完全制覇だった。 ■青学大・箱根駅伝Vメンバー 1区 志貴勇斗(2年) 1時間1分25秒 区間5位 2区 近藤幸太郎(3年)1時間7分09秒 区間7位 3区 太田蒼生(1年) 1時間1分00秒 区間2位 4区 飯田貴之(4年) 1時間1分46秒 区間3位 5区 若林宏樹(1年) 1時間10分46秒 区間3位 6区 高橋勇輝(4年) 59分03秒 区間8位 7区 岸本大紀(3年) 1時間2分39秒 区間1位 8区 佐藤一世(2年) 1時間4分49秒 区間2位 9区 中村唯翔(3年) 1時間7分15秒=区間新 区間1位 10区 中倉啓敦(3年) 1時間7分50秒=区間新 区間1位

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top