月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

9区青学大・中村唯翔が篠藤の区間記録を14年ぶりに更新!/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

独走となった青学大は、9区の中村唯翔(3年)が衝撃の走りを見せる。淡々とハイピッチを刻んだ中村は、1時間7分15秒(速報値)をマーク。篠藤淳(中央学大)が2008年に樹立した1時間8分01秒の区間記録を大幅に更新した。2年ぶり王座奪還を盤石のものにする快走だった。

9区・青学大の中村唯翔のコメント
「正直、区間新記録は狙っていたので更新できてうれしいです。楽しく走れたので良かったです。5km通過が速くて大丈夫かなと思いましたが、後半は優勝のことだけ考えました。前回も全日本も悔しい思いをしたので、借りを返せてよかった。最高の笑顔でゴールしてほしいです」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com