月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大・岸本大紀2年ぶり箱根路で輝き再び!7区を快走ケガ明け1ヵ月「何とか間に合った」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・復路(神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

長い長いトンネルを抜けた青学大の「駅伝男」が、2年ぶりの箱根路で輝きを放った。

2年前、1年時に2区を走り、6人抜きでトップに立ち、2区の1年生の歴代最高となる1時間7分3秒をマークしていた岸本。だが、その後は右股関節を疲労骨折からなかなか復帰ができず、2年時はほとんど走れない日々を過ごした。

それでも、あきらめずに地道にトレーニングを積み、駅伝復帰レースとなった11月の全日本大学駅伝では3区区間3位と好走を見せた。だが、その後、「左仙骨疲労骨折で1ヵ月前から走り始めたばかり」と、再びケガがあったことを明かす。

しかし、やはり“モノ”が違う。「何とか間に合った」という状態でも区間賞。トップをひた走る青学大で今大会初の区間賞で、「良い流れできていて、その流れを強くするのが役割。満足しています」と納得の表情を浮かべる岸本。その後の仲間達へ「一人ひとりが強みを持っているので、安心して応援したい」とエールを送った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com