月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

相澤晃が3区区間新で世界へ再挑戦「今年は日本新、来年以降に26分台を」/ニューイヤー駅伝


◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬(1月1日/群馬7区間100km)

日本長距離界の「エース」としての実力を、改めて示した走りとなった。

公田から伊勢崎までの13.6kmを駆け抜ける3区で、旭化成の相澤晃が激走。20年にトヨタ自動車・西山雄介、21年に住友電工・田村和希が作った区間記録37分39秒を一気に30秒も塗り替える37分09秒で、ニューイヤー駅伝初出場にして区間賞に輝いた。

10位と劣勢の位置から、「先頭に近い位置まで持っていき、ライバルたちは離しておく」ことを目指してスタート。「追い風に結構助けられた」(相澤)とはいえ、最初の5kmを13分19秒で通過し、10kmはなんと「26分51秒」でカバーした。

あくまでもテレビ中継内の速報値のため鵜呑みにすることはできないが、その数字が持つインパクトは強烈だ。ただ、本人は冷静に、「3区は速いペースで走って、後半粘ることが求められる。26分台でも抵抗なくいけた」と振り返る。

2位へと押し上げ、優勝を争いのライバルと目された富士通、トヨタ自動車、Hondaからは30秒から1分のリードを奪った。社会人1年目だった昨年は、ケガでメンバーから外れていただけに、「2年分の走りができた。区間新はうれしい」と胸を張った。

チームは4区以降伸び悩み、前回に続く3位で2年ぶりの優勝はならなかった。区間ごとの浮き沈みを「もったいない。それは来年の課題」と受け止めている。

それでも、27分18秒75の日本新で初優勝し、東京五輪代表入りを決めた一昨年の日本選手権以来とも言えるインパクトのある走りだった。相澤自身にとっても、手応えを得られるものだったに違いない。

昨年は、10000mで17位にとどまった東京五輪、11月の九州実業団駅伝では1区で2位にとどまるなど、それほど目立った結果を残せていない。「あの(日本)記録はまぐれじゃないことを証明したい」という気持ちは強い。

そのためには、もう1度足元を見つめる必要性を感じている。一昨年の日本新以降、日本人初の「26分台」を口にしてきたが、それは「来年や再来年に出せるようにしたい」と少し先の目標とした。

今年は「まずは自分の日本記録の更新」がターゲット。この日出した26分台を、本当の実力と言えるほどに「今年、しっかりと力をつけたい」と言う。その中に、「来年は4区を」という思いももちろんある。

初めてのニューイヤー駅伝で取り戻した自信を胸に、次は再びトラックで世界を目指していく、

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com