月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

地元SUBARUが大健闘の2位!前回予選敗退から「一人ひとりがライバル」で切磋琢磨/ニューイヤー駅伝

◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬(1月1日/群馬7区間100km)

昨年の東日本予選で途中棄権となり、連続出場が20年で途切れてから1年。群馬・太田を拠点にするSUBARUが、地元を力強く駆け抜け、大躍進の準Vを果たした。

その全日本の出場を逃した後からキャプテンを務める25歳の梶谷瑠哉は、「東日本の後から、一人ひとりがそれぞれに目標をしっかりと立て、それをクリアしてきた。それが駅伝の目標達成につながった」と胸を張った。

目指すは「入賞」。そのために奥谷亘監督が決めたオーダーは、「駅伝は先手必勝」。1区から主力を惜しげもなく投入し、2区を務めた昨年のU20世界選手権5000m金メダルののスーパールーキー、ベンソン・キプラガットがその実績通りの実力を披露し、区間賞の快走でトップに立つ。

3区の梶谷は、「トップで来たのには驚いた」と言うが、順位を5つ下げたものの上位にしっかりと踏みとどまる。

そして、この1年のチームを象徴する存在である4区の清水歓太が、3位へと再浮上させると、5区の照井明人が2位へ。入賞へは安全圏。だが、それでも選手たちは前を目指して走り続けた。

6区の小山司はHondaに抜かれたものの、トップだった三菱重工をかわして2位に押し上げると、アンカー・口町亮は、タスキを受けた当初に16秒あったHondaとの差を一時は5秒にまで詰める。優勝までもがちらつく展開は、現実のものとはならなかったが、2年ぶりの地元・上州路を堂々戦い抜いた7人は、2位の表彰を受けて胸を張った。

予選敗退から始まったこの1年を、奥谷監督は「人ってこんなに変われるんだ」としみじみと振り返る。甘さのあったチーム内の雰囲気がガラリと変わり、一人ひとりの取り組みも変わった。

その流れの中で、清水が5000mで13分22秒25をマーク。昨年はケガでほとんどレースに出られなかった25歳の大躍進は、他の選手たちに刺激と、自信をもたらした。

梶谷は、今のチーム内の雰囲気を「一人ひとりがライバル意識を持っていて、練習からお互いに『負けたくない』という雰囲気ができている」と語る。

キプラガット以外に、それほど華やかなキャリアを持つ選手はいない。それでも、名門チームと押しのけた強さを身につけたSUBARU。どん底から這い上がったこの経験は、さらなる飛躍へのエネルギーとなるだろう。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com