月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2位・洛南が高校記録を更新!留学生不在のチームで初の2時間1分台/全国高校駅伝男子


◇全国高校駅伝・男子(京都/たけびしスタジアム京都発着:7区間42.195km)

第72回全国高校駅伝の男子が12月26日行われ、2位の洛南(京都)が2時間1分59秒をマーク。留学生のいないチームで初の2時間2分切を果たし、昨年の大会で同校が作った2時間2分07秒の高校記録を更新した。

洛南は1区・溜池一太(3年)が区間5位と粘りの走りを見せ、2区の前田陽向(3年)もスピードを生かして区間2位の力走。1500m、3000m、5000mの高校記録を持つエースの佐藤圭汰(3年)は3区で留学生と相対すると、区間日本人最高となる23分10秒で食らいついた。

4区の宮本陽叶(3年)が区間賞など、その後も世羅を追いかけたが、わずかに届かなかった。「来年こそ先頭でフィニッシュしたい」とアンカーの柴田大地(2年)。それでも、地元・都大路に新たな歴史を刻んだ。

■高校記録をマークした2位・洛南高のメンバー
2時間1分59秒
1区 溜池一太(3年)29分05秒(区間5位)
2区 前田陽向(3年)8分08秒(区間2位)
3区 佐藤圭汰(3年)23分10秒(区間4位)
4区 宮本陽叶(3年)23分08秒(区間1位)
5区 岡田開成(1年)9分03秒(区間16位)
6区 児島雄一郎(2年)14分49秒(区間4位)
7区 柴田大地(2年)14分36秒(区間6位)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com