HOME ニュース、国内

2021.12.20

陸連ファン投票 五輪入賞の田中希実が「心を最も熱くした選手」
陸連ファン投票 五輪入賞の田中希実が「心を最も熱くした選手」


日本陸連(JAAF)が12月20日に、「JAAFファン投票2021」~あなたが選ぶ2021年のナンバーワンは!?の結果をYouTubeチャンネルの生配信で発表し、トップアスリート部門「あなたの心を最も熱くした選手」に、東京五輪女子1500mで8位入賞の快挙を成し遂げた田中希実(豊田自動織機TC)が選ばれた。

ファン投票は11月17日から28日まで行われ、トップアスリート部門では「あなたの心を最も熱くした選手」と「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」の2テーマ、U20・中学・高校部門は「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」というテーマで募集された。

「あなたの心を最も熱くした選手」のファン投票1位は田中、2位に男子3000m障害の三浦龍司(順大)、3位に男子マラソンの大迫傑さんが選ばれ、いずれも東京五輪で活躍した選手たちだった。田中はVTRでコメントを寄せ、「たくさんの票をいただき、大変うれしく思います」と喜び、「今後も自分の走りでたくさんの人に勇気を与えられるようにしたいなと思います」と意気込みを語った。

また、「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」には、『SugarElite』などの活動を通して普及、育成などに貢献している大迫さんが1位に選ばれた。「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」部門は三浦がファン投票1位だった。

生配信はYouTuberのたむじょーさんと、ASICSランニングナビゲーターの宇佐美菜穂さんがMCを務め、三浦、田母神一喜(阿見AC)、衛藤昂さんがゲストとしてオンラインで参加。スペシャルトークで2021年を振り返った。

●あなたの心を最も熱くした選手
1位 田中希実(豊田自動織機TC)
2位 三浦龍司(順大)
3位 大迫 傑(Nike)
4位 多田修平(住友電工)
5位 山縣亮太(セイコー)
6位 橋岡優輝(富士通)
7位 金井大旺(ミズノ)
8位 泉谷駿介(順大)
9位 寺田明日香(ジャパンクリエイト)
10位 黒川和樹(法大)

日本陸連(JAAF)が12月20日に、「JAAFファン投票2021」~あなたが選ぶ2021年のナンバーワンは!?の結果をYouTubeチャンネルの生配信で発表し、トップアスリート部門「あなたの心を最も熱くした選手」に、東京五輪女子1500mで8位入賞の快挙を成し遂げた田中希実(豊田自動織機TC)が選ばれた。 ファン投票は11月17日から28日まで行われ、トップアスリート部門では「あなたの心を最も熱くした選手」と「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」の2テーマ、U20・中学・高校部門は「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」というテーマで募集された。 「あなたの心を最も熱くした選手」のファン投票1位は田中、2位に男子3000m障害の三浦龍司(順大)、3位に男子マラソンの大迫傑さんが選ばれ、いずれも東京五輪で活躍した選手たちだった。田中はVTRでコメントを寄せ、「たくさんの票をいただき、大変うれしく思います」と喜び、「今後も自分の走りでたくさんの人に勇気を与えられるようにしたいなと思います」と意気込みを語った。 また、「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」には、『SugarElite』などの活動を通して普及、育成などに貢献している大迫さんが1位に選ばれた。「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」部門は三浦がファン投票1位だった。 生配信はYouTuberのたむじょーさんと、ASICSランニングナビゲーターの宇佐美菜穂さんがMCを務め、三浦、田母神一喜(阿見AC)、衛藤昂さんがゲストとしてオンラインで参加。スペシャルトークで2021年を振り返った。 ●あなたの心を最も熱くした選手 1位 田中希実(豊田自動織機TC) 2位 三浦龍司(順大) 3位 大迫 傑(Nike) 4位 多田修平(住友電工) 5位 山縣亮太(セイコー) 6位 橋岡優輝(富士通) 7位 金井大旺(ミズノ) 8位 泉谷駿介(順大) 9位 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 10位 黒川和樹(法大)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top