HOME 学生長距離

2021.12.20

箱根駅伝Stories/帰ってきた青学大の駅伝男・岸本大紀「強くなったことを実感したい」
箱根駅伝Stories/帰ってきた青学大の駅伝男・岸本大紀「強くなったことを実感したい」

箱根駅伝Stories

広告の下にコンテンツが続きます

岸本大紀
Kishimoto Hironori(青山学院大学3年)

12月29日の区間エントリーを直前に控え、箱根駅伝ムードが徐々に高まっている。本日から「箱根駅伝Stories」と題し、本番まで計19本の特集記事を掲載していく。

第2回目は青学大の「駅伝男」こと岸本大紀(3年)に話を聞いた。1年時に衝撃的な箱根デビューを飾った男は、ケガに苦しんだ2年時を経て、さらにパワーアップした姿を見せるつもりだ。

明暗分かれた2年間

11月7日の全日本大学駅伝。青学大に頼もしい男が帰ってきた。

広告の下にコンテンツが続きます

2019-20年シーズン、1年生ながら岸本の活躍は華々しいものだった。学生三大駅伝デビュー戦となった出雲駅伝2区(5.8km)で区間賞を獲得。全日本大学駅伝2区でも区間5位ながら、従来の区間記録を上回る走りを見せた。

箱根では2004年からの原晋監督体制では初となる1年生での「花の2区」に抜擢。日本人1年生歴代最高記録の1時間7分03秒(区間5位)をマークし、チームを首位に押し上げる快走を見せた。その走りに誰もが「青学大・新エース誕生」を予感したことだろう。

だが、2年目は春先に故障で出遅れると、8月の夏合宿では右股関節を疲労骨折。急ピッチで箱根に間に合わせようと練習を再開したが、11月にも脚に痛みが出るなど、度重なる故障に見舞われた。

駅伝シーズンを棒に振った1年時を振り返り、岸本は「チームに貢献できないことがなにより悔しかった」と振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

故障に苦しんだ高校時代

中学3年時の全中3000mは決勝12位だった岸本(右から3人目)。右端は大学でチームメイトになる同じ新潟出身の横田俊吾

思い返せば、節目で故障に悩まされる陸上人生を歩んできた。新潟県燕市出身の岸本は、小学2年の時に5歳年上の兄の影響で地元の分水ジュニア陸上クラブに加入。分水中3年時には全中3000mに出場(ラスト1周で転倒し12位)し、三条高時代も県高校総体5000mで3連覇を達成している。高3の11月には14分10秒35の新潟県高校記録(当時)も樹立するなど、着実に力をつけてきた。

その一方で、「高校時代は故障が多く、年間通して練習できたことがなかった」。特にインターハイなど大事なレース前の故障が多く、全国大会で結果を残すことができなかったという。

「高校時代は練習後のケアとかまったくしてなかったので、今思えば故障して当然だったなと思います」

広告の下にコンテンツが続きます

ケアへの意識改革

青学大では「青トレ」と呼ばれるコアトレーニングのメソッドがある。岸本もその重要性を理解し、日々のケアに時間を費やすようになった。1年目からの快進撃の裏で、「練習の強度にリカバリーが追いついていなかった」と分析。故障中はコアトレーニングに取り組みながら、負荷の強弱をつけたバイクトレーニング等で再び走り出せる時への準備を行なってきた。

さらに今季はより一層ケアへの意識は高くなった。故障続きで「『陸上を辞めたい』と思うこともありましたが、家族も支えてくれましたし、なにより自分は陸上しかないと思った」時期も、「自分ができることはこれを乗り越えること」と復活への道を愚直に歩み続けてきた。

故障が癒えた今季は5月に5000mで13分58秒18の自己新をマーク。夏合宿も「2次合宿は100%練習を消化することができた」と手応えをつかんだ。

進化を証明する2年ぶりの箱根駅伝

そして迎えた駅伝復帰戦となる全日本では、前半のエース区間である3区でイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)、ジョセフ・ラジニ(拓大)に次ぐ、日本人トップの区間3位の好走。「さすがに1週間前は緊張もありましたが、大会が近づくにつれて調子も上がってきて、復活をアピールできて良かったです」と振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

全日本後は、「久しぶりにレースで出力した影響が出た」と臀部付近の違和感を訴えたものの大事には至らず。原監督も「スタートラインに立てばあれくらいで走れるんだから」と勝負強さに太鼓判を押しており、2年ぶりの箱根路出走が近づいている。

「集団での走りが強いと思っているので、往路を走りたいなと思っていますし、もちろん2区も意識しています。2年前のような走りができるかはわかりませんが、強くなったと実感できるのは2区で自分の記録を超すことだと思っています」

今年のチームはエントリー選手16人全員が10000m28分台という驚異の選手層を誇る。だが岸本の持つ「駅伝力」はチーム内でもひと際輝く。

出雲、全日本であと一歩届かなかった優勝、そして箱根での王座奪還へ。苦境を乗り越えた男の力が絶対に必要となるはずだ。

広告の下にコンテンツが続きます

◎きしもと・ひろのり/2000年10月7日生まれ。新潟県出身。173cm、52kg。分水中(新潟)→三条高→青学大。5000m13分58秒18、10000m28分32秒33。

文/田中 葵

箱根駅伝Stories 岸本大紀 Kishimoto Hironori(青山学院大学3年) 12月29日の区間エントリーを直前に控え、箱根駅伝ムードが徐々に高まっている。本日から「箱根駅伝Stories」と題し、本番まで計19本の特集記事を掲載していく。 第2回目は青学大の「駅伝男」こと岸本大紀(3年)に話を聞いた。1年時に衝撃的な箱根デビューを飾った男は、ケガに苦しんだ2年時を経て、さらにパワーアップした姿を見せるつもりだ。

明暗分かれた2年間

11月7日の全日本大学駅伝。青学大に頼もしい男が帰ってきた。 2019-20年シーズン、1年生ながら岸本の活躍は華々しいものだった。学生三大駅伝デビュー戦となった出雲駅伝2区(5.8km)で区間賞を獲得。全日本大学駅伝2区でも区間5位ながら、従来の区間記録を上回る走りを見せた。 箱根では2004年からの原晋監督体制では初となる1年生での「花の2区」に抜擢。日本人1年生歴代最高記録の1時間7分03秒(区間5位)をマークし、チームを首位に押し上げる快走を見せた。その走りに誰もが「青学大・新エース誕生」を予感したことだろう。 だが、2年目は春先に故障で出遅れると、8月の夏合宿では右股関節を疲労骨折。急ピッチで箱根に間に合わせようと練習を再開したが、11月にも脚に痛みが出るなど、度重なる故障に見舞われた。 駅伝シーズンを棒に振った1年時を振り返り、岸本は「チームに貢献できないことがなにより悔しかった」と振り返る。

故障に苦しんだ高校時代

中学3年時の全中3000mは決勝12位だった岸本(右から3人目)。右端は大学でチームメイトになる同じ新潟出身の横田俊吾 思い返せば、節目で故障に悩まされる陸上人生を歩んできた。新潟県燕市出身の岸本は、小学2年の時に5歳年上の兄の影響で地元の分水ジュニア陸上クラブに加入。分水中3年時には全中3000mに出場(ラスト1周で転倒し12位)し、三条高時代も県高校総体5000mで3連覇を達成している。高3の11月には14分10秒35の新潟県高校記録(当時)も樹立するなど、着実に力をつけてきた。 その一方で、「高校時代は故障が多く、年間通して練習できたことがなかった」。特にインターハイなど大事なレース前の故障が多く、全国大会で結果を残すことができなかったという。 「高校時代は練習後のケアとかまったくしてなかったので、今思えば故障して当然だったなと思います」

ケアへの意識改革

青学大では「青トレ」と呼ばれるコアトレーニングのメソッドがある。岸本もその重要性を理解し、日々のケアに時間を費やすようになった。1年目からの快進撃の裏で、「練習の強度にリカバリーが追いついていなかった」と分析。故障中はコアトレーニングに取り組みながら、負荷の強弱をつけたバイクトレーニング等で再び走り出せる時への準備を行なってきた。 さらに今季はより一層ケアへの意識は高くなった。故障続きで「『陸上を辞めたい』と思うこともありましたが、家族も支えてくれましたし、なにより自分は陸上しかないと思った」時期も、「自分ができることはこれを乗り越えること」と復活への道を愚直に歩み続けてきた。 故障が癒えた今季は5月に5000mで13分58秒18の自己新をマーク。夏合宿も「2次合宿は100%練習を消化することができた」と手応えをつかんだ。

進化を証明する2年ぶりの箱根駅伝

そして迎えた駅伝復帰戦となる全日本では、前半のエース区間である3区でイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)、ジョセフ・ラジニ(拓大)に次ぐ、日本人トップの区間3位の好走。「さすがに1週間前は緊張もありましたが、大会が近づくにつれて調子も上がってきて、復活をアピールできて良かったです」と振り返る。 全日本後は、「久しぶりにレースで出力した影響が出た」と臀部付近の違和感を訴えたものの大事には至らず。原監督も「スタートラインに立てばあれくらいで走れるんだから」と勝負強さに太鼓判を押しており、2年ぶりの箱根路出走が近づいている。 「集団での走りが強いと思っているので、往路を走りたいなと思っていますし、もちろん2区も意識しています。2年前のような走りができるかはわかりませんが、強くなったと実感できるのは2区で自分の記録を超すことだと思っています」 今年のチームはエントリー選手16人全員が10000m28分台という驚異の選手層を誇る。だが岸本の持つ「駅伝力」はチーム内でもひと際輝く。 出雲、全日本であと一歩届かなかった優勝、そして箱根での王座奪還へ。苦境を乗り越えた男の力が絶対に必要となるはずだ。 ◎きしもと・ひろのり/2000年10月7日生まれ。新潟県出身。173cm、52kg。分水中(新潟)→三条高→青学大。5000m13分58秒18、10000m28分32秒33。 文/田中 葵

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top