HOME ニュース

2019.11.14

【誌面転載】北九州カーニバル/女子やり投 北口圧巻の66m00
【誌面転載】北九州カーニバル/女子やり投 北口圧巻の66m00

第41回北九州カーニバル

北口 圧巻の66m00
〝世界の表彰台〟に近づく再びの日本新


日本グランプリシリーズの最終戦となる第41回北九州カーニバルは、10月26日、27日の2日間、福岡県・北九州市立本城陸上競技場で開催され、グランプリ女子やり投で北口榛花(日大)が66m00の日本新記録を樹立して優勝。北口は2019シーズンの女子シリーズチャンピオンにも輝いた。

文/向永拓史
撮影/弓庭保夫

〝世界の表彰台〟に近づく再びの日本新

 女子やり投の北口榛花(日大)が衝撃的なパフォーマンスを見せた。

 1投目として は自己最高となる63m47を投げると、「あ とは助走スピードをとにかく上げていった」と話す北口。2投目失投のあと、3投目61m12、「身体が開かないように左足を少し右に着いて、右方向に投げるイメージ」 で4投目に63m61と記録を伸ばす。

 そして5投目。「今までで一番、身体の力を伝えられた感じ」で放たれたやりは、明らかにこれまでと違う軌道を描いた。

 表示された記録は何と66m00。「飛んだ、というのはわかったのですが、(記録を示す)ラインがよくわからなくて……とにかくビックリ。本当にうれしかったです」。自身が5月に樹立した日本記録を1m64cmも更新。アジア歴代4位となる大記録は、〝世界の表彰台〟が現実味を帯びるものだった。

※この続きは2019年11月14日発売の『月刊陸上競技12月号』をご覧ください。
さらに詳しく北口榛花選手に迫ったロングインタビューはWeb限定公開の記事へ。
【Web特別記事】
●前編 世界選手権の〝追試〟で日本新 「間違いじゃなかった」チェコでの3ヵ月
世界選手権の悔しさから北九州カーニバルでの日本新までの歩み
●後編 自分で行動することの大切さ 〝地力〟をつけて東京五輪ではメダルを
競技感や自身が成長し続けるために大切にしていること、そして東京五輪に向けた展望

第41回北九州カーニバル

北口 圧巻の66m00 〝世界の表彰台〟に近づく再びの日本新

日本グランプリシリーズの最終戦となる第41回北九州カーニバルは、10月26日、27日の2日間、福岡県・北九州市立本城陸上競技場で開催され、グランプリ女子やり投で北口榛花(日大)が66m00の日本新記録を樹立して優勝。北口は2019シーズンの女子シリーズチャンピオンにも輝いた。 文/向永拓史 撮影/弓庭保夫

〝世界の表彰台〟に近づく再びの日本新

 女子やり投の北口榛花(日大)が衝撃的なパフォーマンスを見せた。  1投目として は自己最高となる63m47を投げると、「あ とは助走スピードをとにかく上げていった」と話す北口。2投目失投のあと、3投目61m12、「身体が開かないように左足を少し右に着いて、右方向に投げるイメージ」 で4投目に63m61と記録を伸ばす。  そして5投目。「今までで一番、身体の力を伝えられた感じ」で放たれたやりは、明らかにこれまでと違う軌道を描いた。  表示された記録は何と66m00。「飛んだ、というのはわかったのですが、(記録を示す)ラインがよくわからなくて……とにかくビックリ。本当にうれしかったです」。自身が5月に樹立した日本記録を1m64cmも更新。アジア歴代4位となる大記録は、〝世界の表彰台〟が現実味を帯びるものだった。 ※この続きは2019年11月14日発売の『月刊陸上競技12月号』をご覧ください。 さらに詳しく北口榛花選手に迫ったロングインタビューはWeb限定公開の記事へ。 【Web特別記事】 ●前編 世界選手権の〝追試〟で日本新 「間違いじゃなかった」チェコでの3ヵ月 世界選手権の悔しさから北九州カーニバルでの日本新までの歩み ●後編 自分で行動することの大切さ 〝地力〟をつけて東京五輪ではメダルを 競技感や自身が成長し続けるために大切にしていること、そして東京五輪に向けた展望

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top