月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大 箱根のカギは「山」オリンピアン三浦龍司「自分の殻を破りたい」


来年1月2日、3日の第98回箱根駅伝に出場する順大の共同取材が、12月12日に行われ、長門俊介駅伝監督と主力選手が意気込みを語った。

「調整も順調に進んでおり、1月2日、3日を良い状態で迎えられそう。最終的な区間配置に(良い意味で)悩まされそうな状況にあります」と長門監督は手応えを口にする。

注目が集まるのは東京五輪男子3000m障害7位入賞の三浦龍司(2年)。前回は1区を任されるも、走り込む時期にケガがあった影響で区間10位と振るわなかった。「1区に再チャレンジしたいという思いが大きい」と前回の雪辱を期している。五輪後は脚作りに取り組んできた。「20kmで押し切る力は身につけていかないと…。ロード、駅伝で自分の殻を破りたい」と、留学生が相手だろうと流れをたぐり寄せるつもりだ。

また、今季は3年生にも力のある選手が多い。成長株の四釜峻佑は「タフなコース、コンディションでも、自分のペースを押していけるのが強み」と5区・山上りに意欲を見せる。そのほか、前回2区10位の野村優作、同3区5位の伊豫田達弥ら、関東インカレなどトラックで活躍した面々が往路を担うことになりそうだ。復路は、「コツコツと積み上げてきた努力型が多い」(牧瀬圭斗主将)という最上級生の出番。「9区を走って勝ちを決定づけたい」と牧瀬は復路の要で好走を誓う。

長門監督は「総合3位以内」を目標に置くが、学生たちが見据えているのはそれ以上だ。
1月4日、朝練習に集合時に、主将の牧瀬は『箱根で優勝を目指す』とチームメイトに訴え、目標を共有してきた。順大が箱根で総合優勝するのは、長門監督が大学4年時だった2007年の第83回大会以来となる。この時は5区の今井正人(現トヨタ自動車九州)で先頭に立ち、復路では先頭を譲らず、往路、復路、総合と完全優勝を成し遂げているが……。

「(優勝へは)山での走りがカギ。あとは、三浦が流れを作る駅伝ではなく、チャンスを作る駅伝をしたら、勝機が見えてくると思います」と長門監督。三浦で優勝争いの主導権を握れれば、往路から『茄子紺』が箱根路を沸かせることになりそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com