HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.10

【箱根駅伝エントリー】順大は五輪入賞の三浦龍司、野村優作ら主力が順当メンバー入り!伊豫田、石井、四釜ら登録も4年の小島、鈴木が外れる
【箱根駅伝エントリー】順大は五輪入賞の三浦龍司、野村優作ら主力が順当メンバー入り!伊豫田、石井、四釜ら登録も4年の小島、鈴木が外れる


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

全日本大学駅伝で3位に入った順大は、東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司(2年)ら主力メンバーがそろって登録。トップ3、総合優勝へ勢いを増している。前回2区を走り、今季は全日本で5区区間2位の野村優作、長い距離が得意な四釜峻佑、前回3区区間5位の伊豫田達弥ら、3年生も順当にメンバー入りした。

1年生からは出雲で4区を走った三浦の高校からの後輩・服部壮馬ら3人がエントリーされている。一方、前回7区を務めた小島優作、同9区の鈴木尚輝と経験者の4年生2人がメンバーから外れた。

総合優勝11回を誇る名門も、最後に優勝したのは15年前。トップ3もそれ以来遠ざかっているが、オリンピアン三浦を筆頭に戦力が充実してきた今季は、上位争いする絶好のチャンスを迎えている。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■順大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回7位、出雲10位、全日本3位
近藤 亮太(4年/島原高・長崎)
津田 将希(4年/福岡大大濠高・福岡)
牧瀬 圭斗(4年/白石高・佐賀)主将
吉岡 智輝(4年/白石高・佐賀)
荒木 勇人(3年/宮崎日大高・宮崎)
伊豫田達弥(3年/舟入高・広島)
四釜 峻佑(3年/山形中央高・山形)
平  駿介(3年/白石高・佐賀)
西澤 侑真(3年/浜松日体高・静岡)
野村 優作(3年/田辺工高・和歌山)
石井 一希(2年/八千代松陰高・千葉)
藤原 優希(2年/水島工高・岡山)
三浦 龍司(2年/洛南高・京都)
海老澤憲伸(1年/那須拓陽高・栃木)
神谷 青輝(1年/大牟田高・福岡)
服部 壮馬(1年/洛南高・京都)

第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 全日本大学駅伝で3位に入った順大は、東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司(2年)ら主力メンバーがそろって登録。トップ3、総合優勝へ勢いを増している。前回2区を走り、今季は全日本で5区区間2位の野村優作、長い距離が得意な四釜峻佑、前回3区区間5位の伊豫田達弥ら、3年生も順当にメンバー入りした。 1年生からは出雲で4区を走った三浦の高校からの後輩・服部壮馬ら3人がエントリーされている。一方、前回7区を務めた小島優作、同9区の鈴木尚輝と経験者の4年生2人がメンバーから外れた。 総合優勝11回を誇る名門も、最後に優勝したのは15年前。トップ3もそれ以来遠ざかっているが、オリンピアン三浦を筆頭に戦力が充実してきた今季は、上位争いする絶好のチャンスを迎えている。 12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■順大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回7位、出雲10位、全日本3位 近藤 亮太(4年/島原高・長崎) 津田 将希(4年/福岡大大濠高・福岡) 牧瀬 圭斗(4年/白石高・佐賀)主将 吉岡 智輝(4年/白石高・佐賀) 荒木 勇人(3年/宮崎日大高・宮崎) 伊豫田達弥(3年/舟入高・広島) 四釜 峻佑(3年/山形中央高・山形) 平  駿介(3年/白石高・佐賀) 西澤 侑真(3年/浜松日体高・静岡) 野村 優作(3年/田辺工高・和歌山) 石井 一希(2年/八千代松陰高・千葉) 藤原 優希(2年/水島工高・岡山) 三浦 龍司(2年/洛南高・京都) 海老澤憲伸(1年/那須拓陽高・栃木) 神谷 青輝(1年/大牟田高・福岡) 服部 壮馬(1年/洛南高・京都)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top