HOME 国内

2021.12.06

細谷恭平が最後の福岡で日本人トップ!「マラソンは奥が深い」中央学大では箱根5区快走/福岡国際マラソン
細谷恭平が最後の福岡で日本人トップ!「マラソンは奥が深い」中央学大では箱根5区快走/福岡国際マラソン


◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着)

数々の名勝負・名シーンを刻んできた伝統ある福岡で、地元企業・黒崎播磨所属の26歳が粘りの走りを見せて『世界』へ一歩近づいた。

来年のオレゴン世界選手権選考会および2024年パリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC/23年秋開催予定)の切符を懸けた第75回福岡国際マラソンが行われ、細谷恭平(黒崎播磨)が2時間8分16秒をマークして日本人トップの2位。MGC出場条件である日本人3位以内+2時間10分以内をクリアして出場権獲得第一号になった。

先頭集団のペースメーカーの設定は1km2分58秒。このハイペースにも序盤から招待選手を含め15人前後が常に集団を作った。20kmで元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)が途中棄権。「一番の目標は優勝だった」と言う細谷もしっかりトップ集団におり、30km手前では一般参加の国内所属海外選手のジェームス・ルンガル(中央発條)、マイケル・ギザエ(スズキ)、そして高久龍(ヤクルト)、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らとともに先頭集団を形成する。

ペースメーカーが外れた30km。高久がギザエ、ルンガルと前に出て、細谷はやや遅れる。だが、「リズムが合わなかったですが、落ち着いてペースを戻せばいいかなと思いました」と焦りはなかった。その言葉通り細谷と定方が前を追って追いつくと、折り返し地点(31.6km)前に細谷が前に出る。しかし、ここで「一気に行こうと思ったのですがついてこられて、脚が思ったより動きませんでした」。

そこをつかれてギザエが35kmにペースアップ。「対応出来れば良かったのですが身体が動かず反応できませんでした。30kmの時と同じように少しずつ差を詰めればと思いましたが、苦しかったです」。持ち前の粘りは見せたが、ギザエとの差は広がってしまった。

それでも「日本人トップに切り替えた」と、最後まで粘りきり日本勢トップの2位は死守。フィニッシュ後は脱水症状が見られ医務室で点滴を打つほど過酷なレースだった。症状が落ち着いてから取材に応じ、MGC出場権をしっかり獲得したことに「パリ五輪を目指すためにはMGCが必須条件なので、それはよかったです」と安堵の表情を浮かべる。

1995年生まれの26歳。茨城の強豪・水城高時代には3年連続で全国高校駅伝を走り、2、3年ではエースが集う1区を務めている。中央学大でも力をつけ、箱根駅伝では3、4年時に5区区間3位と好走してチームのシード権獲得に貢献した。

指導する澁谷明憲監督は「大学までは成長期でケガも多かったですが、川崎(勇二)監督が無理させずに取り組まれていらっしゃいました。卒業してからはコツコツと地味な練習をして1年1年、ステップアップしてくれました」と言う。

『粘り』が信条で、「僕はセンスがあるタイプではないので、ひたすら前を追うタイプ。今日の粘りもいつも通りです」と笑う。初マラソンだった20年3月のびわ湖毎日では2時間28分47で“洗礼”を浴びたが、今年2月のびわ湖では日本歴代6位の2時間6分35秒と自己記録を22分以上も更新。だが、その際は3分ペースの集団について追い上げたため「びわ湖の後はスピードをつけようとトラックで自己記録を目指した」(澁谷監督)。その結果、5000m13分38秒14、10000m28分05秒88と狙い通り自己新。10日前の20km走でも2分58秒でしっかり走れ(調子が良すぎて18kmでストップ)、自信を持ってレースを迎えた。

2時間8分台と前半のハイペースからは落ちてしまい「経験不足で集団の中でうろうろしてしまって、(体力が)残らなかったのは反省点」と言うが、しっかり粘りを見せての日本人トップに“フロック”ではないことを証明。「まだ経験がないのですが、1度目は悪条件の中でダメで、2回目は好条件で後ろから上げていく、今回はあまり条件が良くない中でハイペースで行って粘るレース。身体の反応も違うし、一つひとつ対応しなくてはいけない。マラソンは奥が深いなって思いました」と、『レジェンド』が駆け抜けてきた最後の福岡で大きな収穫を得た。

「ひたすら日の丸を背負うという意識でやってきました。これからもそうやって取り組んでいきたい。MGCの切符も手に入れたので、少し(世界)が見えるようになりました。2分58秒ペースで30kmまでどれだけ余裕で行って、後半上げられるかが大事だと思います」と細谷。「エリートじゃない」という26歳のホープが、世界への第一歩を福岡で踏み出した。

◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着) 数々の名勝負・名シーンを刻んできた伝統ある福岡で、地元企業・黒崎播磨所属の26歳が粘りの走りを見せて『世界』へ一歩近づいた。 来年のオレゴン世界選手権選考会および2024年パリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC/23年秋開催予定)の切符を懸けた第75回福岡国際マラソンが行われ、細谷恭平(黒崎播磨)が2時間8分16秒をマークして日本人トップの2位。MGC出場条件である日本人3位以内+2時間10分以内をクリアして出場権獲得第一号になった。 先頭集団のペースメーカーの設定は1km2分58秒。このハイペースにも序盤から招待選手を含め15人前後が常に集団を作った。20kmで元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)が途中棄権。「一番の目標は優勝だった」と言う細谷もしっかりトップ集団におり、30km手前では一般参加の国内所属海外選手のジェームス・ルンガル(中央発條)、マイケル・ギザエ(スズキ)、そして高久龍(ヤクルト)、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らとともに先頭集団を形成する。 ペースメーカーが外れた30km。高久がギザエ、ルンガルと前に出て、細谷はやや遅れる。だが、「リズムが合わなかったですが、落ち着いてペースを戻せばいいかなと思いました」と焦りはなかった。その言葉通り細谷と定方が前を追って追いつくと、折り返し地点(31.6km)前に細谷が前に出る。しかし、ここで「一気に行こうと思ったのですがついてこられて、脚が思ったより動きませんでした」。 そこをつかれてギザエが35kmにペースアップ。「対応出来れば良かったのですが身体が動かず反応できませんでした。30kmの時と同じように少しずつ差を詰めればと思いましたが、苦しかったです」。持ち前の粘りは見せたが、ギザエとの差は広がってしまった。 それでも「日本人トップに切り替えた」と、最後まで粘りきり日本勢トップの2位は死守。フィニッシュ後は脱水症状が見られ医務室で点滴を打つほど過酷なレースだった。症状が落ち着いてから取材に応じ、MGC出場権をしっかり獲得したことに「パリ五輪を目指すためにはMGCが必須条件なので、それはよかったです」と安堵の表情を浮かべる。 1995年生まれの26歳。茨城の強豪・水城高時代には3年連続で全国高校駅伝を走り、2、3年ではエースが集う1区を務めている。中央学大でも力をつけ、箱根駅伝では3、4年時に5区区間3位と好走してチームのシード権獲得に貢献した。 指導する澁谷明憲監督は「大学までは成長期でケガも多かったですが、川崎(勇二)監督が無理させずに取り組まれていらっしゃいました。卒業してからはコツコツと地味な練習をして1年1年、ステップアップしてくれました」と言う。 『粘り』が信条で、「僕はセンスがあるタイプではないので、ひたすら前を追うタイプ。今日の粘りもいつも通りです」と笑う。初マラソンだった20年3月のびわ湖毎日では2時間28分47で“洗礼”を浴びたが、今年2月のびわ湖では日本歴代6位の2時間6分35秒と自己記録を22分以上も更新。だが、その際は3分ペースの集団について追い上げたため「びわ湖の後はスピードをつけようとトラックで自己記録を目指した」(澁谷監督)。その結果、5000m13分38秒14、10000m28分05秒88と狙い通り自己新。10日前の20km走でも2分58秒でしっかり走れ(調子が良すぎて18kmでストップ)、自信を持ってレースを迎えた。 2時間8分台と前半のハイペースからは落ちてしまい「経験不足で集団の中でうろうろしてしまって、(体力が)残らなかったのは反省点」と言うが、しっかり粘りを見せての日本人トップに“フロック”ではないことを証明。「まだ経験がないのですが、1度目は悪条件の中でダメで、2回目は好条件で後ろから上げていく、今回はあまり条件が良くない中でハイペースで行って粘るレース。身体の反応も違うし、一つひとつ対応しなくてはいけない。マラソンは奥が深いなって思いました」と、『レジェンド』が駆け抜けてきた最後の福岡で大きな収穫を得た。 「ひたすら日の丸を背負うという意識でやってきました。これからもそうやって取り組んでいきたい。MGCの切符も手に入れたので、少し(世界)が見えるようになりました。2分58秒ペースで30kmまでどれだけ余裕で行って、後半上げられるかが大事だと思います」と細谷。「エリートじゃない」という26歳のホープが、世界への第一歩を福岡で踏み出した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top