月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男女4継でU23南米新!男子はブラジルが39秒21、女子はコロンビアが43秒59で制す/パンアメリカジュニアゲームス

アメリカ大陸各国・地域の23歳未満によるパンアメリカジュニアゲームスが11月30日から12月4日まで、コロンビアのカリで開催された。4×100mリレーでは男子がブラジルが39秒21、女子は地元のコロンビアが43秒59でそれぞれ、U23のエリアレコードを更新して優勝した。

男子100mでは4×100mリレーでブラジルの3走を務めたE.コラドソが10秒33(-0.2)が優勝。女子100mはG.A.スアレス(エクアドル)が11秒32(+0.1)で2位以下に0.2秒以上の差をつけて圧勝した。スアレスは11秒16の自己ベスト(20年)をもつ20歳で、今年の東京五輪には女子4×100mリレーに出場し、43秒69のエクアドルのナショナルレコードを樹立した一員だった。200mでも22秒96(±0)で制して短距離2冠に輝いた。

女子三段跳では今年1月にU20世界歴代3位の14m53のを跳んだL.ペレス・エルナンデス(キューバ)が14m39(+0.3)で制覇。女子ハンマー投では19歳のS.バルガス(ベネズエラ)が従来のU20南米記録を上回る65m63をマークして銀メダルを獲得した。

今大会の開催地・カリでは、来年8月1日から6日までU20世界選手権が開催される。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com