【学生駅伝ストーリー】國學院大が初優勝! 第31回出雲全日本大学選抜駅伝

【学生駅伝ストーリー】國學院大が初優勝!
第31回出雲全日本大学選抜駅伝

第31回出雲全日本大学選抜駅伝は10月14日、島根県出雲市の出雲大社正面鳥居前をスタート、出雲ドーム前にフィニッシュする6区間45.1kmで行われ、出場3回目の國學院大が2時間9分58秒で初優勝。学生駅伝初タイトルを手にした。
8秒差で駒大、さらに3秒後に東洋大が2、3位で続き、箱根駅伝王者の東海大は1位から20秒差の4位。前回覇者の青学大は國學院大から53秒差の5位という激戦だった。関東勢以外では立命大が6位に食い込んだ。

先頭から1分以内に5チームがなだれ込んだ出雲駅伝は國學院大が初優勝。アンカーの土方英和は日本人歴代最高タイムで区間賞も獲得した

國學院大のアンカー・土方が駒大を大逆転

スピード駅伝・出雲でも珍しいほどの大接戦となった。優勝した國學院大から5位青学大までのタイム差は53秒。先頭から1分以内に5チームがフィニッシュしたのは、2003年の7校に次ぐ歴代2番目の数だ。

「(優勝を)考えてはいたんですけど、まさか本当に達成できるとは思っていなかったので、自分でも驚いています」

國學院大のアンカー・土方英和(4年)がタスキを受けたのは、トップの駒大から37秒遅れの4位。チームの目標は「3位以内」で、学生三大駅伝での最高成績は昨年の全日本大学駅伝での6位だった。土方は「3番以内に入ればいいかな」と考えながらスタートしたという。

ところが、勝負はやってみないとわからない。土方の2秒後にスタートした東海大の西田壮志(3年)がハイペースで突き進み、土方もそれに呼応。先行していた青学大と東洋大をかわすと、西田も後退して単独2位に浮上した。そして、ラスト1km。首位を走る駒大・中村大聖(4年)の動きが良くないと見るや、残り700m付近で一気に抜き去った。

「残り1kmでも大聖の動きが変わらなかったので、『スパートをかければいけるかもしれない』という思いに変わりました」

土方にとって中村は埼玉栄高時代のチームメイトだ。ただし、当時の埼玉栄高は館澤亨次(現・東海大)がエースで、中村が準エース。一方の土方は5000mのベストが14分43秒20で、全国高校駅伝やインターハイにも出場できなかった。土方は言わば〝強豪校の補欠〟という存在だった。

さらに、今季は3月の日本学生ハーフマラソン選手権で中村が2位に入り、土方は4位。あと1人のところでユニバーシアード代表を逃した土方に対し、中村はユニバ本番で銀メダルを獲得した。そんな対照的だった2人の力関係が、大学4年目の出雲路で逆転した。

6区10.2kmを29分05秒で走破した土方は、一色恭志(青学大/現・GMOアスリーツ)が2015年に出した日本人最高タイムを6秒更新。気象条件に恵まれたとはいえ、東海大の佐藤悠基、村澤明伸(ともに現・日清食品グループ)、出岐雄大(青学大)、大迫傑(早大/現・ナイキ・オレゴン・プロジェクト)、設楽啓太(東洋大/現・日立物流)、窪田忍(駒大/現・トヨタ自動車)といった学生長距離界の歴代エースたちのタイムを上回った。チーム内でも同期の浦野雄平(4年)の陰に隠れがちだったキャプテンが、一躍ヒーローになった。

それでも、土方はあくまでも謙虚に振り返った。

「前の5人がいいところでタスキを持ってきてくれたことと、ライバル校の選手たちが競ってくれた結果、この好走が生まれたと思っています。ライバル校のみんなにも感謝の気持ちがすごく強いです」

今大会は3区で区間新(区間3位)の力走を見せるなど、エースとして獅子奮迅の活躍を続ける浦野もまた、高校時代は目立つ存在ではなかった。富山商高時代の最高成績はインターハイ3000m障害15位。全国のトップ級とは差があった。そんな2人が國學院大で出会い、切磋琢磨したことで、ライバル校も警戒する〝ダブルエース〟に成長を遂げ、國學院大に初タイトルがもたらされた。

「今回は3区の僕から4年生が4人続いたのですが、力があることはわかっていたので、信頼していました。(1、2区を務めた)下級生の2人もよくがんばってくれて、それがこの結果につながったと思います」(浦野)

監督就任10年目でついに母校の駒大を倒し、指導者として初の栄冠に輝いた前田康弘監督は、声を震わせながら選手たちの健闘を称えた。

「1秒を大事に粘りきれたことが土方の気迫につながったと思います。いつも同じチームが勝つのではなく、誰にでもチャンスがあるし、やれるんだというのを見せられた点で、価値のある勝利でした」

10000mでチーム4番目の28分46秒83を持ちながら、今回は故障の影響でメンバーから外れた2年生の島﨑慎愛も、全日本では戦列に復帰する予定だという。國學院大が出雲を制したことで、箱根駅伝での「往路優勝、総合3位以内」という目標達成が現実味を帯びてきた。

「出雲の優勝校として、全日本もチャンスがあれば狙う気持ちで、堂々と戦いたいと思います」(前田監督)

戦前から〝戦国駅伝になる〟と予想されていた令和最初の学生駅伝シーズンは、ますます目が離せなくなりそうだ。

2位駒大、最終区で逆転許す
「5区までは思い通りのレースができた」

3区で先頭に立ち、5区終了時点では2位に13秒差をつけて首位を走っていた駒大が、最終区で逆転を許して2位でフィニッシュ。大八木弘明監督は「5区までは思い通りのレースができて、最後は勝てたと思ったのですが、教え子に持っていかれた。悔しいですね」と、学生三大駅伝の優勝回数を〝単独最多〟の「22」にできなかったことを残念がった。

3区(8.5km)では指揮官が「ウチのエース」と絶賛するルーキーの田澤廉が23分54秒の区間新(区間2位)。アンカーの中村大聖(4年)はユニバーシアードのハーフマラソン銀メダリストで、勝負の流れは駒大かと思われたが、最後に誤算があった。

大八木監督は「言い訳のようになってしまうけど」と前置きした上で、大会数日前に中村が腰の違和感を訴えていたことを明かした。そして、「長い区間は他の選手でも走れるし、状態が悪かったら全日本は(中村を)外してもいいかもしれない。それでも全日本は勝たなければ」と先を見据えた。

3区は6人が従来の区間記録を塗り替えるハイレベルに。その中で駒大のルーキー・田澤廉(右)が区間2位と健闘して最後はトップでタスキを渡した。左は國學院大の浦野雄平(区間3位)、中央は青学大の吉田圭太(区間4位)

箱根王者・東海大は4位
「次につながる部分も見えた」

正月の箱根駅伝で初優勝を飾り、今季は学生駅伝「3冠」を掲げていた東海大は4位。1区で西川雄一朗(4年)が4位と好スタートを切ったが、2区に配置した日本選手権3000m障害覇者の阪口竜平(4年)が区間6位と予想外の失速。3区以降は堅実にまとめたが、決め手に欠けて優勝争いには加われなかった。

「夏合宿の頃から塩澤(稀夕、3年)を2区か3区、西田(壮志、3年)を6区にすることは決めていました。昨年も1区だった西川が調子を上げてきたので大崩れはしないと思い、残りの3区間に誰を当てはめるかでしたが、2区の阪口と5区の鬼塚(翔太、4年/区間4位)がもう少しがんばれたかな。阪口は9月上旬まで3000m障害で世界選手権を狙っていたので、そこからの対応が追いついていなかったかもしれません」(両角速駅伝監督)

それでも、4区(6.2km)では学生駅伝初出場の市村朋樹(2年)が17分29秒の区間新(区間2位)をマーク。アンカーの西田も区間2位と好走し、「次につながる部分も見えた」と両角監督は総括した。

西田は「チーム全体として昨年より確実に力はついている。全日本ではしっかり勝ちたい」と巻き返しを誓った。

学生駅伝3冠を目指した東海大は4位。4区では市村朋樹(右)が区間2位と好走した。左は5区の鬼塚翔太


出雲駅伝の後に浜山競技場で開催された出雲市陸協記録会(5000m)には、出雲駅伝で補欠だった選手の多くが出走。ここでは東海大勢が好走し、小松陽平(4年、右から2人目)が13分59秒49で2組1着、郡司陽大(4年、その左)と河野遥伎(4年、左から2人目)も2着、4着に続き、選手層の厚さをアピールした

文/山本慎一郎

<関連URL>
出雲駅伝公式サイト
リザルト一覧

<國學院大関連特集>
『月刊陸上競技』2019年10月号
・大学史上最強チームを牽引する
 國學院大4年生コンビ(夏合宿Special Talk)
・過去最高レベルの夏合宿を消化

『月刊陸上競技』2019年7月号
・関東インカレで存在感発揮!! ダブルエースを軸に大躍進

『月刊陸上競技』2018年10月号
・伝統の強化スタイルが進化中

『月刊陸上競技』2016年6月号
・予選会敗退から逆襲の1年へ

『月刊陸上競技』2012年3月号
・若手指揮官が語る「2年連続シード」への戦略

『月刊陸上競技』2011年10月号
・レベルの高いロード練習で強化

『月刊陸上競技』2009年6月号
・新合宿所完成で環境充実

<PR>
出雲駅伝の模様は『月刊陸上競技』12月号にも掲載予定です。