HOME ニュース、国内

2019.10.17

【Headline】10月19日にDenkaアスレチックスチャレンジカップ 世界選手権金メダリストや4継銅メダルメンバー・多田が出場
【Headline】10月19日にDenkaアスレチックスチャレンジカップ 世界選手権金メダリストや4継銅メダルメンバー・多田が出場

日本グランプリシリーズの「Denkaアスレチックスチャレンジカップ 2019」が10月19日に新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われる。先日のドーハ世界選手権代表や国内のトップクラスの選手が多数参戦する予定で、好記録が出るか注目される。
競技日程
スタートリスト
速報サイト
ライブ配信

なかでも女子中距離は世界トップの選手が登場。800mにはドーハ世界選手権金メダリストのハリマ・ナカーイ(ウガンダ)が出場し、そのレースで4位に入ったウィニー・ナニョンド(ウガンダ)が1500mに参戦する。
ドーハ世界選手権女子800mで金メダルを獲得したハリマ・ナカーイ(右)と4位に入ったウィニー・ナニョンド

日本代表では、男子4×100mリレーの1走として銅メダル獲得に貢献した多田修平(住友電工)が100m(ノングランプリ)に出場。女子5000mで14位だった田中希実(豊田自動織機TC)は、1500mと5000m(ノングランプリ)の2種目にエントリーしており、1種目に絞って出る見込み。

世界選手権男子4×100mリレーの決勝で1走を務めた多田修平は100mに出場

また、男子4×400mリレー代表で地元出身の若林康太(駿河台大)、佐藤拳太郎(富士通)、伊東利来也(早大)は男子400mに、男女混合4×400mリレー代表の青山聖佳(大阪成蹊AC)は女子400mに登場する。男子400mハードルには豊田将樹(法大)が出場する。

男子1500mには、7月に日本歴代2位の3分37秒90をマークした戸田雅稀(サンベルクス)や、日本インカレで1年生Vを果たした飯澤千翔(東海大)がエントリー。日本記録(3分37秒42)やU20日本記録(3分38秒45)の更新に挑む。

女子棒高跳(ノングランプリ)では、竜田夏苗(ニッパツ)や那須眞由(RUN JOURNEY)が日本記録(4m40)を上回ることができるか。

男子走高跳(ノングランプリ)には、この秋に2m28を2度成功した真野友博(九電工)や、昨年の日本インカレ王者・長谷川直人(新潟アルビレックスRC)が出場する予定だ。

新潟での日本グランプリシリーズは初開催。アジア陸連パーミット大会に認証され、国際陸連のワールドランキング制度のCランクに位置づけられている。競技会以外にも会場の内外でイベントが用意されており、大会セレモニーには、東京五輪男子マラソン代表に内定した新潟出身の服部勇馬(トヨタ自動車)が参加する。

大会のイベント、入場料などの詳細は大会サイトFacebookTwitter

日本グランプリシリーズの「Denkaアスレチックスチャレンジカップ 2019」が10月19日に新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われる。先日のドーハ世界選手権代表や国内のトップクラスの選手が多数参戦する予定で、好記録が出るか注目される。競技日程スタートリスト速報サイトライブ配信 なかでも女子中距離は世界トップの選手が登場。800mにはドーハ世界選手権金メダリストのハリマ・ナカーイ(ウガンダ)が出場し、そのレースで4位に入ったウィニー・ナニョンド(ウガンダ)が1500mに参戦する。 ドーハ世界選手権女子800mで金メダルを獲得したハリマ・ナカーイ(右)と4位に入ったウィニー・ナニョンド 日本代表では、男子4×100mリレーの1走として銅メダル獲得に貢献した多田修平(住友電工)が100m(ノングランプリ)に出場。女子5000mで14位だった田中希実(豊田自動織機TC)は、1500mと5000m(ノングランプリ)の2種目にエントリーしており、1種目に絞って出る見込み。 世界選手権男子4×100mリレーの決勝で1走を務めた多田修平は100mに出場 また、男子4×400mリレー代表で地元出身の若林康太(駿河台大)、佐藤拳太郎(富士通)、伊東利来也(早大)は男子400mに、男女混合4×400mリレー代表の青山聖佳(大阪成蹊AC)は女子400mに登場する。男子400mハードルには豊田将樹(法大)が出場する。 男子1500mには、7月に日本歴代2位の3分37秒90をマークした戸田雅稀(サンベルクス)や、日本インカレで1年生Vを果たした飯澤千翔(東海大)がエントリー。日本記録(3分37秒42)やU20日本記録(3分38秒45)の更新に挑む。 女子棒高跳(ノングランプリ)では、竜田夏苗(ニッパツ)や那須眞由(RUN JOURNEY)が日本記録(4m40)を上回ることができるか。 男子走高跳(ノングランプリ)には、この秋に2m28を2度成功した真野友博(九電工)や、昨年の日本インカレ王者・長谷川直人(新潟アルビレックスRC)が出場する予定だ。 新潟での日本グランプリシリーズは初開催。アジア陸連パーミット大会に認証され、国際陸連のワールドランキング制度のCランクに位置づけられている。競技会以外にも会場の内外でイベントが用意されており、大会セレモニーには、東京五輪男子マラソン代表に内定した新潟出身の服部勇馬(トヨタ自動車)が参加する。 大会のイベント、入場料などの詳細は大会サイトFacebookTwitter

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top