HOME 箱根駅伝2022名鑑
【箱根駅伝2022名鑑】法政大学
【箱根駅伝2022名鑑】法政大学

法政大学

7年連続82回目
前回順位 17位(予選会6位)
過去最高順位 3位
至近10年総合成績(左が21年)
⑰⑮⑥⑥⑧⑲-⑪⑨-

広告の下にコンテンツが続きます

三大駅伝優勝回数
箱 根0回
出 雲0回
全日本0回

チーム最高記録
往路 5時間31分36秒(19年)
復路 5時間32分21秒(19年)
総合 11時間3分57秒(19年)

監督 坪田智夫
主務 松本光太郎

至近2大会は15位、17位と苦戦が続くが、11月の全日本では6区まで上位争いを繰り広げてシード次点の9位と健闘。なかでも前回の箱根1区区間賞&日本学生ハーフ優勝の実績を持つ鎌田航生がエースとして2区出走を見据える。目標はシードラインを大きく超える「5位以内」だ。

広告の下にコンテンツが続きます

選手一覧(★はエントリー選手)

名前(学年)
出身高
10000m
ハーフ
過去の箱根成績
(19年/20年/21年)
★鎌田 航生(4)
法政二(神奈川)
28.30.61(21年)
1.02.03(20年)
8区7位/2区18位/1区1位
河野 祥哉(4)
小林(宮崎)
29.46.40(20年)
1.03.37(20年)
―/―/―
★久納  碧(4)
学法石川(福島)
29.53.46(18年)
1.04.31(21年)
―/1区19位/―
★清家  陸(4)
八幡浜(愛媛)
29.28.24(21年)
1.02.35(20年)
―/9区7位/4区11位
守角  隼(4)
八千代松陰(千葉)
29.25.18(21年)
1.04.18(19年)
―/―/―
★山本  燎(4)
法政二(神奈川)
29.24.42(18年)
1.06.37(19年)
―/―/―
★内田 隼太(3)
法政二(神奈川)
28.58.65(21年)
1.03.43(20年)
―/―/―
★扇   育(3)
松浦(長崎)
29.43.48(21年)
1.06.21(19年)
―/―/―
★川上 有生(3)
東北(宮城)
29.06.97(20年)
1.03.26(20年)
―/―/9区17位
★河田太一平(3)
韮山(静岡)
29.06.76(19年)
1.03.33(20年)
―/4区8位/2区19位
★中園慎太朗(3)
八千代松陰(千葉)
28.58.54(21年)
1.03.51(20年)
―/8区18位/10区15位




★松本 康汰(3)
愛知(愛知)
28.52.82(21年)
1.03.09(20年)
―/―/3区12位
山本 恭澄(3)
伊賀白鳳(三重)
29.56.55(21年)
1.03.55(20年)
―/―/―
★稲毛 崇斗(2)
東北(宮城)
29.14.14(21年)
1.03.44(20年)
―/―/―
★高須賀大勢(2)
専大松戸(千葉)
31.29.62(20年)
1.04.26(21年)
―/―/―
★細迫 海気(2)
世羅(広島)
29.24.60(21年)
1.04.39(21年)
―/―/―
三原 伶王(2)
鳥栖工(佐賀)
30.19.31(21年)

※14.33.94(18年)
―/―/―
★宗像 直輝(2)
東農大二(群馬)
29.25.43(21年)
1.04.17(21年)
―/―/―
安澤 駿空(1)
法政二(神奈川)
30.23.68(20年)

※14.28.79(21年)
―/―/―
★小泉  樹(1)
國學院久我山(東京)
29.13.48(21年)
1.03.32(21年)
―/―/―
★武田 和馬(1)
一関学院(岩手)
30.17.88(21年)
1.04.55(21年)
―/―/―

 

法政大学

7年連続82回目 前回順位 17位(予選会6位) 過去最高順位 3位 至近10年総合成績(左が21年) ⑰⑮⑥⑥⑧⑲-⑪⑨- 三大駅伝優勝回数 箱 根0回 出 雲0回 全日本0回 チーム最高記録 往路 5時間31分36秒(19年) 復路 5時間32分21秒(19年) 総合 11時間3分57秒(19年) 監督 坪田智夫 主務 松本光太郎 至近2大会は15位、17位と苦戦が続くが、11月の全日本では6区まで上位争いを繰り広げてシード次点の9位と健闘。なかでも前回の箱根1区区間賞&日本学生ハーフ優勝の実績を持つ鎌田航生がエースとして2区出走を見据える。目標はシードラインを大きく超える「5位以内」だ。 選手一覧(★はエントリー選手)
名前(学年) 出身高 10000m ハーフ 過去の箱根成績 (19年/20年/21年)
★鎌田 航生(4) 法政二(神奈川) 28.30.61(21年) 1.02.03(20年) 8区7位/2区18位/1区1位
河野 祥哉(4) 小林(宮崎) 29.46.40(20年) 1.03.37(20年) ―/―/―
★久納  碧(4) 学法石川(福島) 29.53.46(18年) 1.04.31(21年) ―/1区19位/―
★清家  陸(4) 八幡浜(愛媛) 29.28.24(21年) 1.02.35(20年) ―/9区7位/4区11位
守角  隼(4) 八千代松陰(千葉) 29.25.18(21年) 1.04.18(19年) ―/―/―
★山本  燎(4) 法政二(神奈川) 29.24.42(18年) 1.06.37(19年) ―/―/―
★内田 隼太(3) 法政二(神奈川) 28.58.65(21年) 1.03.43(20年) ―/―/―
★扇   育(3) 松浦(長崎) 29.43.48(21年) 1.06.21(19年) ―/―/―
★川上 有生(3) 東北(宮城) 29.06.97(20年) 1.03.26(20年) ―/―/9区17位
★河田太一平(3) 韮山(静岡) 29.06.76(19年) 1.03.33(20年) ―/4区8位/2区19位
★中園慎太朗(3) 八千代松陰(千葉) 28.58.54(21年) 1.03.51(20年) ―/8区18位/10区15位
★松本 康汰(3) 愛知(愛知) 28.52.82(21年) 1.03.09(20年) ―/―/3区12位
山本 恭澄(3) 伊賀白鳳(三重) 29.56.55(21年) 1.03.55(20年) ―/―/―
★稲毛 崇斗(2) 東北(宮城) 29.14.14(21年) 1.03.44(20年) ―/―/―
★高須賀大勢(2) 専大松戸(千葉) 31.29.62(20年) 1.04.26(21年) ―/―/―
★細迫 海気(2) 世羅(広島) 29.24.60(21年) 1.04.39(21年) ―/―/―
三原 伶王(2) 鳥栖工(佐賀) 30.19.31(21年) ― ※14.33.94(18年) ―/―/―
★宗像 直輝(2) 東農大二(群馬) 29.25.43(21年) 1.04.17(21年) ―/―/―
安澤 駿空(1) 法政二(神奈川) 30.23.68(20年) ― ※14.28.79(21年) ―/―/―
★小泉  樹(1) 國學院久我山(東京) 29.13.48(21年) 1.03.32(21年) ―/―/―
★武田 和馬(1) 一関学院(岩手) 30.17.88(21年) 1.04.55(21年) ―/―/―
 

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top