月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝2022名鑑】神奈川大学

神奈川大学

12年連続53回目
前回順位 13位(予選会5位)
過去最高順位 優勝
至近10年総合成績(左が21年)
⑬⑯⑯⑬⑤⑬⑰⑱⑯⑮

三大駅伝優勝回数
箱 根2回
出 雲0回
全日本3回

チーム最高記録
往路 5時間33分40秒(21年)
復路 5時間33分15秒(20年)
総合 11時間7分26秒(20年)

監督 大後栄治
主務 中野翔太

1996~97年度には全日本と箱根を2年連続で制するなど90年代中盤~後半の学生駅伝界を席巻。2017年は箱根5位、出雲6位、全日本優勝と充実のシーズンを過ごしたが、その後は低迷が続いている。まずはシード権を取り戻し、黄金時代再来の礎を築けるか。

候補選手一覧

 

名前(学年)
出身高
10000m
ハーフ
過去の箱根成績
(19年/20年/21年)
落合 葵斗(4)
常葉大菊川(静岡)
29.04.85(20年)
1.04.11(21年)
―/―/7区17位
川口  慧(4)
美方(福井)
28.48.33(19年)
1.03.27(20年)
―/7区8位/3区10位
高橋 祐哉(4)
藤沢翔陵(神奈川)
29.44.93(20年)

※14.28.30(19年)
―/―/―
西方 大珠(4/主将)
浜松商(静岡)
28.48.28(20年)
1.03.11(19年)
―/1区12位/4区10位
呑村 大樹(4)
大阪(大阪)
29.02.58(19年)
1.02.06(20年)
―/―/1区4位
安田  響(4)
益田清風(岐阜)
29.23.68(19年)
1.03.43(20年)
8区15位/8区12位/8区11位
横澤 清己(4)
新栄(神奈川)
29.11.49(21年)
1.03.27(20年)
―/―/―
有村 祐亮(3)
鹿児島城西(鹿児島)
30.50.77(18年)

※14.28.52(18年)
―/―/―
島﨑 昇汰(3)
大牟田(福岡)
29.01.15(20年)
1.06.42(19年)
―/―/―
鈴木 玲央(3)
秋田工(秋田)
29.45.25(20年)
1.03.24(20年)
―/―/―




山﨑 諒介(3)
鳥栖工(佐賀)
32.34.46(21年)
1.03.49(21年)
―/―/―
宇津野 篤(2)
佐久長聖(長野)
29.00.44(20年)
1.02.51(20年)
―/―/6区12位
大泉 真尋(2)
東海大山形(山形)
30.28.96(21年)
1.05.09(21年)
―/―/―
小林 篤貴(2)
四日市工(三重)
29.35.58(21年)
1.04.29(21年)
―/―/―
小林 政澄(2)
東農大二(群馬)
29.17.33(20年)
1.04.36(21年)
―/―/―
佐々木亮輔(2)
鳥栖工(佐賀)
29.28.40(20年)
1.03.03(20年)
―/―/10区2位
高橋 銀河(2)
秋田工(秋田)
28.57.71(21年)
1.02.48(20年)
―/―/9区20位
巻田 理空(2)
松山商(愛媛)
28.52.30(21年)
1.03.23(21年)
―/―/―
園田  勢(1)
鳥栖工(佐賀)
29.30.18(20年)

※14.01.08(20年)
―/―/―
中原 優人(1)
智辯カレッジ(奈良)
32.19.15(21年)
1.05.44(21年)
―/―/―

 

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com