月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

佐久長聖が23度目のV 女子は2区で抜け出した長野東が制す/北信越高校駅伝

北信越高校駅伝は11月21日、福井県鯖江市の鯖江東公園競技場を発着点とするコースで行われ、男子は佐久長聖(長野)が2時間6分07秒でコロナ禍で中止となった昨年を挟んで23連覇を達成した。女子では長野東が1時間11分02秒で優勝を飾った。

佐久長聖は1区で8位、2区で7位と出遅れたが、3区(8.1075km)で5000m13分38秒96の記録を持つ吉岡大翔が素晴らしい走りを披露。前を走るランナーを次々とかわしていき、区間トップの23分31秒で走りきると一気に首位へ浮上した。2年生エースの力走で流れを引き戻した佐久長聖は4区の長屋匡起、5区の土赤本気も区間賞で後続との差を広げ、そのまま逃げ切った。敦賀気比(福井)が1分23秒差で2位となり、以下高岡向陵(富山)、富山商(富山)と続いた。

長野東は1区で1年生の牧内大華がトップと9秒差の4位でスタートすると、2区の佐藤悠花が区間賞ですかさず先頭に浮上。3区の赤羽真衣佳、4区の橋村英里もリードを広げ、北信越大会での連勝を13に伸ばした。1区の山口曇音衣の区間賞で流れに乗った鯖江(福井)が1時間11分32秒で2位に入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com