月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

陸連の大学生キャリア支援プログラム第2期受講者が決定 東京五輪代表の鈴木碧斗ら10名が選ばれる


日本陸連は19日、大学生アスリートを対象としたキャリアサポート支援の「ライフスキルトレーニングプログラム」の第2期受講生を発表。東京五輪男子4×400mリレー代表の鈴木碧斗(東洋大)や男子800mの金子魅玖人(中大)、女子短距離の景山咲穗(筑波大)らが選ばれた。

このプログラムは東京海上日動キャリアサービスのサポートのもと、世界に挑戦する競技者に対して、競技力向上はもちろん、競技以外の人生においても可能性を最大限に生かす人材を輩出し、陸上競技から生まれるリーダーたちがこれからのスポーツ界や社会をより輝くものにすることを最大の狙いとしている。

受講者は来年3月までライフスキルトレーニングをテーマにした講義などを受講。来年秋には就職活動に備えてのフォロー講座などを受ける予定となっている。

第2期プログラム受講者
景山 咲穗(筑波大)    女子100m、200m
樫原 沙紀(筑波大)    女子1500m
金子魅玖人(中大)     男子800m
木村 颯太(明大)     男子200m
杉林  歩(阪大)     女子20km競歩
鈴木 碧斗(東洋大)    男子200m
田中 宏祐(順大)     男子三段跳
出口 晴翔(順大)     男子400mハードル
手塚 麻衣(富山大)    女子100mハードル
中島佑気ジョセフ(東洋大) 男子400m

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com